凛・華・麗・美・優 ホーム » 歌舞伎 »歌舞伎座 [六月大歌舞伎第二部 いがみの権太]

歌舞伎座 [六月大歌舞伎第二部 いがみの権太]  


スーパーじゃない歌舞伎と、古典の猿之助さんも見たくて急遽参戦。
3階1列目正面からです。
誰が、とか、どんな、というより、今歌舞伎全体に興味津々のタイミングなので、初めて見るもの、目当ての人がいないものでもわりと面白くみています。

前半は幸四郎、松也、、、
皆さん千秋楽目前で声が、、(^_^;)。
もともとあまり良くない方はより悲惨に、魅力的な人ですら悲惨な状態になっていたので、セリフの多い舞台はなかなかキツイ、、(とやはり声がまず最初に気になる、、)
歌舞伎役者は、昼夜2回、25日間休みなしでやるんだから凄いよなぁ、、。出番の多い人は本当に強靭な喉と体力が必要だと実感します。
とか考えつつ淡々と観て終了。

15分の休憩で一目散に向かったのは、3階で売っているめでたい焼き!

久しぶりに無事購入して、いただきました。

後半は幕あきすぐに華やかな村娘、猿之助さん演じるお里ちゃんが登場。
ややお肌の弛みが気になるものの、やだ、かわいいw
台詞回しが小気味好く、体の動きも御転婆で飛んでいきそうな若々しさ。他の皆さんがしっとり落ち着いてるので、娘らしくて面白い。
お家の伝統とか型とかでよくわからないけど、お里ちゃんの立ち位置バッチリ!
飛ばなくても目を離させない華がありました✨

なんだか話は、オペラのごとくなんだそれ?と思うところもあり、近く座っていた若い人たちの集団も、終わった後開口一番「グダグダな話やな(苦笑)」な感想。
ま、そういうのは慣れてるので大丈夫ですけどね。

■六月大歌舞伎 いがみの権太(いがみのごんた)
2016.6.25 14:45-17:23
<木の実・小金吾討死>
いがみの権太 幸四郎
主馬小金吾  松也
鮓屋弥左衛門 錦吾
猪熊大之進  市蔵
若葉の内侍  高麗蔵
小せん    秀太郎

<すし屋>
いがみの権太 幸四郎
弥助実は三位中将維盛 染五郎
お里     猿之助
若葉の内侍  高麗蔵
鮓屋弥左衛門 錦吾
おくら    右之助
梶原平三景時 彦三郎
小せん    秀太郎

3階1列
関連記事

category: 歌舞伎

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop