凛・華・麗・美・優 ホーム » オペラ »ザルツブルクイースター音楽祭 in JAPAN [ラインの黄金 ]

ザルツブルクイースター音楽祭 in JAPAN [ラインの黄金 ]   


 ただ一言。
スゴかった.....

予算の関係で安い席を買ったら舞台上に位置するLA席。今回の設定上、この席は大当たりだった。
通常の舞台にオケがギッシリ、パープル6本含んで少しでも動いたら落ちそうなほど。
後方とP席を潰して、ちょうど2階に当たる位置に簡易舞台を作り、センターをメイン、左右に川と地下をイメージさせるセミステージがある。
ファニーな大蛇、カエルも登場、ヴァルハラ城はパイプオルガン.。
LAは川の舞台にほど近く、手を伸ばせばそこに歌手がいる、状態。

字幕はパイプオルガンの両脇に、横書。あまりみなかったけど、シンプルで小難しさやこだわりがなく、ドラマを邪魔しなかったのでストーリーを補完する、という意味において十分だったと個人的には思う。

残響あり過ぎかつ冒頭は空気が温まるまで落ち着かない感じもありつつ、生声がビシビシ飛んでくることにまず感動する。
そして見おろすとオケと指揮者。まるでオケピを覗いているようだった。
狭いながらしっかり役になりきって演じてる歌手とやや高さはあれどオケと歌手をコントロールするティーレマンの様子や表情も見られる面白い席で、下から湧き上がる音のまろやかさとウネリ、ドラマにやられた。
ラインゴールドはこんなに面白いオペラだったのか....

今年バイロイトで初めてティーレマンのオペラを聴いて、その船酔いしそうなほどの畝り(とはいえ、それがいやらしさとかわざとらしさがなく)、ドラマに音圧に圧倒されたことを思い出しながら、それとは違うこれから始まるリングのドラマに胸がときめいた。
緊張感溢れる初回。
オケメンも自分がひかない時はスデーシを見上げ聴き入っていた。
音が消えてタクトを置くまで、たっぷりと時間を取りその静寂のあと大ブラボー。
満足げなティーレマン。歌手、オケメン。
ほんとうに大ブラボー!!!

これ、ヤバイ....


仕事終わりで間に合うはずが、途中で間に合わないんじゃ、、と気づき大慌て。
駅に着きダッシュしたくても体が重くて走れない…=͟͟͞͞( ¯−︎¯ )。
広場に到着すると人気がない、、が係員は綺麗に待機してる。
ゼーゼー到着した私に、「大丈夫ですよ、まだ1ベルなってませんのでごゆっくりどうぞ、、」と神の声、、、。
ほっ。10分推しのおかげで無事間に合いました。

■ザルツブルクイースター音楽祭インジャパン
ホール・オペラ 『ワーグナー 楽劇 ラインの黄金》
2016.11.18   18:30-20:50
デニー・クリエフ ダイレクション
ヴォークリンデ、クリスティアーネ・コール(S)
ヴェルグンデ、サブリナ・ケーゲル(S)
フロスヒルデ、シモーネ・シュレーダー(Ca)
アルベリヒ、アルベルト・ドーメン(BsBr)
ヴォータン、ミヒャエル・フォッレ(Br)
フリッカ、藤村実穂子(Ms)
フライア、レギーネ・ハングラー(S)
ファーゾルト、ステファン・ミリング(BsBr)
ファフナー、アイン・アンガー(Bs)
フロー、タンセル・アクゼイベク(T)
ドンナー、アレハンドロ・マルコ=ブールメスター(Br)
ローゲ、クルト・シュトライト(T)
ミーメ、ゲアハルト・ジーゲル(T)
エルダ、クリスタ・マイヤー(Ms)
クリスティアン・ティーレマン 指揮 シュターツカペレ・ドレスデン
A席 2F_LD5列
関連記事

category: オペラ

tb: --   cm: --

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop