凛・華・麗・美・優 ホーム » オペラ »NHK音楽祭 [バイエルン国立管弦楽団]

NHK音楽祭 [バイエルン国立管弦楽団]  


とにかく凄かった。音楽祭のワルキューレ1幕。こんな脳みそ沸騰させられたのにこれで終わりって、拷問だ。歌手最強、ペトレンコがオケピでこんな風なのかまで垣間見ることができ、歌手と同じくらい呼吸やうなり声が聞こえるど迫力。
ヴェルゼーーーーーーの雄たけびを微動だにせず、歌手の呼吸に合わせ、歌手の方を向きタクトを止める様子に鳥肌。

ああ、手元にあるミュンヘン ペトキョンのリングチケ..あああ、、、(*´-`)

フォークトがノートゥグを抜いた後あんなに輝く笑顔になるとは。天使のような透明感と気品のある声だったフォークト様も少しずつ重くなり、その特長はそのままに迫力がでてきました。この先違った魅力に出会えそうな予感がしてわくわくします。

そして、結局ワーグナーはリングだ!に行き着くのかな。
それにしてもこの興奮で終了とは、、これからホールに戻ったら2幕始まるとか、、ないですか?

ゲルネの角笛
なんと繊細にあまく表現するのかしら。。この大きなホールと音響最悪なところで聴かされるのが何とも何とも悲しい。
訴えかけるような歌曲はお手モノの。ガツンと前に飛び出す声ではないので大音量で大きな劇場でのオペラには向かないけれど、素晴らしい表現力。堪能しました。
ペトレンコはゲルネの声や表現に合わせて繊細にオケや音量をコントロールしていて、歌手への配慮がすばらしい、歌いやすいだろうな、、と思いながら見て聞いていました。


なんとも贅沢で悶絶した音楽祭でした

■NHK音楽祭 [バイエルン国立管弦楽団]
NHKホール
2017.10.1 15:00-19:55

マーラー作曲 こどもの不思議な角笛
マティアス・ゲルネ

ワーグナー ワルキューレより第一幕
ジークムント;クラウス・フロリアン・フォーククト
ジークリンデ;エレーナ・パンクラトヴァ
フンディング;ゲオルグ・ツェッペンフェルト
指揮;キリル・ペトレンコ
3F C4 センター
関連記事

category: オペラ

tag: クラシック  オペラ 
tb: --   cm: --

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop