FC2ブログ

シアターオーブ 【マイケル・ボール&アルフィー・ボー】


イギリスの(ミュージカル)大スター初来日。
最近はブロードウェイスターも定期的にやってきてはコンサートをやるようになったけど、この二人の醸し出すホンモノ感、痺れました。
55歳と44歳(笑)。

大スターとはいえ、所謂旬の人じゃないし、来てくれるのは嬉しいけどチケット売れるの??なんて思ってましたが(超失礼...💦)、本当に失礼な思い込み。
追加公演含めてソールドアウト、、、
ミューオタ凄い。実際会場にはいい感じの年齢の男女、イギリスから来たと思われる熱狂的ファン、、、もう私ですら、お久しぶり!あら?なんて人に大勢会うほど全員集合な感じでした。

初来日なので、特に前方にいたファンはイギリスを始めどこにでも見に行っちゃった歴30年のような人が多くそれはそれは...(笑)
登場した瞬間から、きゃーという黄色い歓声ではないけど、ヒューヒューウォーとまるで海外の劇場のよう。
二人の大人の余裕と人柄の良さに溢れるあったかいコンサートで、歌わせたら、目ん玉飛び出さんばかりの声量
そろそろ声出なくなる年頃ですよ、、

それなのに、マイクというか音響の悪いホールだしミキシング悪すぎて声がバンドにかぶって聞こえなくなったり、不明瞭で何いってるかわからん、、
オーブンはいつも酷いけど、今回の酷さはもうもうもう、、前方だったのもあるけど、耳悪いんじゃないのか?
それともこれが限界の調整とか?

救いは生声か聞こえたこと
マイクなくても、少し保管するだけで充分だよ

、、にしても。
懐深くあったかく、そしてビブラートでごまかさないマイケル、ピーンと張りのある明るい声で心洗われるようなアルフィー、
声の魅力の違う二人の絶妙な組み合わせ。大人の余裕が心地よく、でもboysと声かけたくなる愛らしさ、🐻グミ❤️。
客席を練り歩いてサービスしたり(アルフィー)、最前列の男性いじったり(英国でもそうらしい)、初めての地日本の観客がこれほどまで盛り上がってくれることにきっと驚き喜んでくれたはず。

ジーザスのキャラじゃないよな、と思いつつ歌ってほしいな、と思っていたマイケルのGethsemane、歌い終わった途端にアメリカ人並みにスタンディングしてヒューヒュー叫んだわー。
鳥肌、、、そ してショーストップのお手本のように会場大歓声。。ホールも私も壊れるかと思ったわ。

カーテンコールはワムで締めるイギリス人ww。(途中に007メドレーも仕込むイギリス人・・媚びなくていいわ~)


声の持つ魅力にクラクラ。イギリスからの濃いファンの方もいらしてたしもう会場が日本じゃないみたいな盛り上がり。歌の素晴らしさはもちろんこれは二人の人柄もあるんだろうなぁ。

とても楽しくて温かくてら気持ちよくて、良いもの聴きました! 

思うに。
このコンサート、ブロードウェイスター初来日!とか、トニー賞受賞歌手奇跡の組み合わせ!みたいな寒い宣伝と煽りをつけて無理やり企画したものと違って、数年前からイギリスではCDを出してツアーをしているすでに出来上がったプロダクション。
それを寸分変えずに、日本用に知らない歌手突っ込んだり日本語で歌わせたりしないところが最高に良かった!
そのままを持ってきてくれたことが最高によかった。

英語わかる人?わからなければ隣のわかる人通訳してね、なんていいつつ、、、
ドウモアリガト、アイシテマス・・以外は英語で通したけどあの盛り上がり。
言葉の壁はあるようでないのだよw。
ホンモノの歌手の力を信じたまえ。

まあ、興行だから売れなきゃあの手この手で集客を考えるのは当然といえば当然だけど、海外の歌手を愛でる人は日本の事情を考慮したくないから・・。

2018.2.10
Somewhere
Tonight
Once in my Life
You’ll be back
Music of the Night 
Anthem
Tell me it’s not true
Not while I’m around
The Rose 
Hero
A thousand years
He lives in you
You’re the voice
—-
Stairway to Paradice
My shadow
New York New York
007 メドレー
Keep me in my heart (alfee)
Run
Gethsemane (michel)
Love Changes Everything
Les miserables medley
The prayers
Wham!メドレー

1F4列
関連記事