11月5日~Marathon Sunday-2

ゲートを入るとすでに多くのランナーが到着している。けれどまだまだゆとりもありそう。待ち合わせ場所のグリーンエリアステージ右側を目指す。ゼッケンの色と同じ(オレンジ・グリーン・ブルー)の各色に同じようにドーナツ、ベーグル、コーヒー、紅茶、水などの朝食、UPS、トイレがある。日本ならそれぞれにお金がかかるのに、このNYCマラソンでは一切お金がかからない。すべて無料なのだ。しかもこれが中途半端な量ではなく、うんざりするほどたくさんくれる。アメリカ的太っ腹にまた感激。32.jpg

31.jpg

35.jpg

1時間以上ならぶというトイレもグリーンエリアの奥に行けばほとんど並ばずに使い放題。ここは穴場でいいかもしれない。
走る仲間と寒さをしのぎながら、カステラを食べたりドーナツを食べたりする。そうそう、ゼッケンにチップも忘れずにつけなくちゃ。今ひとつよくわからなかったチップも教えてもらってつける。スタート1時間半ほど前になりいよいよそれぞれのエリアに移動する。がんばろーね!

私はグリーンだったけど、みんなと一緒に橋の上からスタートしたかったので、荷物だけグリーンのUPSに預けることになる。ひと足早くウェアになるのは寒いな。。と思いながらトラックの前で着替えていたら、イタリア人グループに「こっちにおいで!ダンボールひいてあるから、これに座ってゆっくり着替えなさい」とお気遣いいただく。感謝。

もぞもぞ緊張しながらウィンブレ上下を脱ぎ、レッグウオーマーを装着。このイタリア人たちに「日本はマラソンが盛んでいいね。羨ましいよ。みんなが応援してくれるんでしょ?」みたいなことをしみじみと言われる。確かに・・盛んかも。でも市民マラソンというのはそう根付いていないような気がする。聞いていてちょっと恥ずかしくなった。
30.jpg


会場はとても広い。けれど、どこも迷子にならないような工夫がたくさん。案内ボードはもちろん、遠くからもわかるように各エリア、ポイントの個所は大きなバルーンがある。そしてボランティアの人たちはきっちり案内をしてくれる、しかも余裕の笑顔で。本当に素晴らしい運営だ。
43.jpg


スタートのオレンジに移動すると、さすがに女性が多く人も多い。荷物をあずけにいったFさんとはぐれてしまう。ど、どーしよう~~心細くなりつつ探し回るも見当たらないので、仕方なくゼッケンナンバーあたりのスタート地点に向かうとぽつんと座っているFさんを発見!
あ~よかったよ~(涙)。5時間のペースランナーさんたちをみながら自分の場所に正しく並びスタートを待つ。はるか遠くにみえるけど、10:10のスタート時にあそこまでいけるのかな??寒いね・・などと話していると上空には航空ショー的飛行機が一機。それと同時に花火がド、ドン。あ、スタートした??

あーー動き出してる~~!!!

かくしてよくわからないうちにいよいよスタートした。
28.jpg


関連記事

Comments 3

こうめ

始まった~。

楽しみに読ませてもらいます。
ホント、ボランティアの人たちのフレンドリーさはすばらしいですよね。日本じゃ、あんな風にはならないよね。

2006-11-12 (Sun) 21:50 | EDIT | REPLY |   

こうめ

・・・あのね。

レディースの多い場所で、スタート前突然しゃがんで小用する人いなかった?
私は、最初に行った時、もうそれでびっくり!どうしようかと思いましたよ。

2006-11-13 (Mon) 20:21 | EDIT | REPLY |   

nana

あ。。いました、いました。待機場所はもちろんコースの途中でも男子に並んでしゃがんでしまう人。もうえええーーーと目がテン(ふるい・・汗)でした。

2006-11-13 (Mon) 23:20 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply