師匠応援隊!

東京国際女子マラソン、Qちゃんと土佐さんの代表争いに注目が集まる中、もちろんナマQちゃん(真剣レース)をすごく楽しみに、でもさらに楽しみだったのは、我らが師匠、教祖様こうめさんの晴れ舞台の応援隊です。も~ワクワクですよ~。こんな国際レースに出てしまうなんて凄すぎる~~@@ 国際レースの応援は初めてだけど、なんとか声は届けたい!と仲間たちと待機。

1119-4.jpg

この頃(11時過ぎ)はまだ曇り空だったんだけど。。

※追記
競技場の中にはいって、アップする選手の様子を眺めていました。これから42.195キロ走るというのに、土佐さんもQちゃんも軽く5周くらい走っていてそれだけで衝撃。

1119-3.jpg

スタートまで、あと「6:57」。なんて中途半端な。。(^_^;)
このころからポツポツ降り始め・・

※追記
この中継車たちをみながら、邪魔だのうざいだのぶーぶー(笑)。それでも車の中のテレビを覗き見して様子をうかがう。Mさんの持ってたラジオとともにお世話になりました。
トップ選手の猛スピードぶりに、私たちはまず大興奮!手にカメラを持っていたにもかかわらず、まともに撮れず。さらには第二集団、そのあとの市民ランナーの集団にワラワラしつつ、師匠を見落とさないように必死。赤、赤、上下赤のはずだよ・・・811だよ・・、あーきたーー!!!ぎゃ~~~~っ。
ってな具合です。ビデオ持参の私はその様子をしっかり動画として収め、後姿まで追っていた・・・・はずなのに、確認したら????

興奮のあまり音声のみという大失態(><) すいません。
でもこの大絶叫ぶり、相当笑えます。

1119-1.jpg

2箇所目の大門前では結構な降りに・・。
トップ集団が通り過ぎると、途端に人が減ります。この天気じゃしょうがないけど・・東京マラソンは大丈夫なんでしょうか。
※追記
競技場から大江戸線で大門へ移動。多くの人たちが同じルートで移動していました。大まかなルート以外何も決めていなかったわりにはいい感じ。
でも移動する人より走る人のほうが早い!という事実。電車降りてからまずは階段をもろとろもせず駆け上がり、地上に出たらコースまでダッシュ。私も走れる体力つけててよかった(笑)

ここでも動画・・のはずが、静止画と音声のみ。もーなにやってるんだよー自分。

で、このあとは小ぶりになることもあったけど、基本的には結構降っていてどんどん冷えてくる。さぶいよ~。

またも電車で移動して最後の坂へ。
3箇所目はもう写真ナシ(^_^;)。39Km地点上り坂の一番キツイ場所です。
私が初めて出た「東京シティロードレース」で、フラフラになって座り込んでしまった場所。そしてなんとか歩き始めた先にmさんの姿を発見して、泣きそうになりながら頑張れた場所。

最後の頑張りどころなんで、ここで絶対に応援したかったんです。

Qちゃんが駆け抜けるか、デットヒートかと思えば、土佐さんのぶっちぎりで、Qちゃんは大失速。1キロ5分以上もかかったという走りはもうヨロヨロに見えました。でも一生懸命沿道よりを走る姿に絶叫のあと祈りの声を送りました。。
トップ選手を見送ったあとは、じゃんじゃん降る雨を恨めしく思いながら、空腹に耐えます・・が、耐え切れず、持っていたおにぎりを食べる。ほどなく市民ランナーのみなさんもやってくるが、力強く走る人もいれば、もうふらふら、思わず立ち止まってしまう人、歩きながら苦しんでいる人も多く、ただ「がんばれ」という言葉しかでてこない自分が情けなくなる。自分もそうだったけど、苦しいときはこの「がんばれ」がうざいんだよな。十分がんばってるから。美しく笑顔で走っている人たちはみな、とてもかっこよく素敵だった。ああなりたい。
走るって単純なこと、年齢も学歴も性別もな~んにも関係なし。ただ自分の体との闘いなんだから。こうやっていろんな人がいろんな思いを抱えながら走っているのをみると、新入りの私も、新入りしてよかった!と思えて何度もうるうるしてしまった・・。

我らが師匠は、予想より早く到着し、元気、元気!雪国からやってきた師匠には雪が雨になったくらいでこのくらいの寒さは追い風だったんでしょう。笑顔で走り抜けます。もうこの姿をみたら私も寒いなんていってられません。傘もたたんで雨の中一緒に走り出してしまいました。荷物両手にもって、傘もって・・でも、なんか走らずに入られなくて、「ここで坂終わりでーす!」「あと3キロ、ファイトでーす」「師匠~~~~~---!!!!」ってな感じで絶叫しながら、師匠と同じペースで四谷駅までダッシュ。き、きつい・・ぜーぜー(^_^;)

でもどこまでも力強い走りで元気で、笑顔で走りぬけていった師匠の応援ができてすごく嬉しかったし、応援できることが誇りだったし・・もう幸せ。私たち以外にもこのあたりにはお知り合いの方が多くいらしたようで、あちこちから声援が飛んでいたし、一緒に走り出した人もいました。もう人気者!Qちゃんの次に声援多かったよ~。

結局、ご褒美の大会といっていたこの夢の舞台で、自己ベストを4分以上更新したという快挙。

かっこいいーー素晴らしい~素敵~!。

Qちゃんは失速の3位だけど、「諦めずに北京を目指す!」と笑顔で会見。こっちもかっこいいぞー。

私もがんばる。
関連記事

Comments 10

こうめ

応援ありがとう~。

昨日は冷たい雨の中、あちこち移動して、しかも最後は伴走付きで応援ありがとうございました。
あの坂もみんなが伴走してくれているので頑張れました。しかも速いし(笑)
詳しい完走記で色々思ったこと書きますね。今年はいい一年でした~。」

2006-11-20 (Mon) 06:07 | EDIT | REPLY |   

ps6

初フル応援は感動の嵐でした。走るひとはみな美しいです。もう鳥肌ものでした(実際寒かったんだけど笑)
どんなに時間がかかっても、フルとまでは行かなくても、こうめさんみたいに笑顔で走っていきたいと思います。

2006-11-20 (Mon) 18:51 | EDIT | REPLY |   

Fumiko

応援隊、お疲れ様でした!いい音声が録れてよかったじゃないですか。伝説の音源になりますねー。永久保存版です。(笑)

2006-11-21 (Tue) 00:08 | EDIT | REPLY |   

みいこ

おつかれさまでした。応援する側も熱い一日だったのですね!!やっぱ行けなくて残念でした。いっぱい力もらったんだろうな~。
私もTVであんな真剣にマラソン中継観たの初めてでした。土佐さんが感動を与える走りをしたいと言っていたそうですが、観ていてよく分かりました。

2006-11-21 (Tue) 00:28 | EDIT | REPLY |   

nana

>こうめさん
おめでと~~~ございます!大興奮のナマ応援でしたが、応援できてとっても嬉しかったです!そしてあんなに雨の中で寒かったのに、相変わらず風邪をひくこともなくそれどころか充電完了!パワーがみなぎってきました。やっぱり師匠です。

2006-11-21 (Tue) 07:14 | EDIT | REPLY |   

nana

>ps6さん
ほんとにね。自分のペースで、自分も目標に向かって少しずつ進めばいいですよね、笑顔でね。

2006-11-21 (Tue) 07:15 | EDIT | REPLY |   

nana

>Fumikoさん
お疲れさまでした。ダメ撮影班でしたけど思わぬ音源ありってことで許してください。でもあれで映像があったらもっと保存版だよな~~は~。

2006-11-21 (Tue) 07:16 | EDIT | REPLY |   

nana

>みいこさん
私はいつも「感動を与えたい」と自らいっちゃう選手にはブーイングなんです。
押し売り嫌い(笑)
だからこそ師匠はかっこよかったのですよ~~!

2006-11-21 (Tue) 07:19 | EDIT | REPLY |   

こうめ

皆さんも頑張ってね

ps6さんも見ていてくださったのですね。ありがとうございます。
誰だって最初から42キロ走れないし、東京国際みたいなスピードで走れないです。最初は、少しずつ楽しく長く続けるのが一番です。
nanaさん。音源は永久保存版にしますね。絶叫はうれしかったですよ~。
あの坂のところは、涙出そうでした。そしたら過呼吸になりかけて坂の一番上りきったところで大きく深呼吸したのでした(笑)

2006-11-21 (Tue) 07:33 | EDIT | REPLY |   

nana

>こうめさん
ほんとにそうですね、私も初めて走ったときは1キロどころか100メートルも走れない自分に愕然としました。1年前フルマラソン目指すぞ!と宣言した時だって、やっと10キロ歩かず走れるようになったレベル。
そんな私でも少しずつ少しずつ・・走れるようになりました!嬉しかったです~。
お恥ずかしい・・絶叫版。疲れたときにでも聞いてください。結構笑えるので♪

2006-11-22 (Wed) 07:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply