検証その1 CW-Xは効果があるか?

55.jpg

CW-Xは、ワコール人間科学研究所による人間工学を基盤に、モニタリングを重ねて開発されたコンディショニングウェア。
筋肉をサポートし、関節を安定させ、運動時の筋肉疲労を軽減するサポートギアを中心に、身体を快適に保つアンダーギア、アウターギアの3つの商品群がアスリートの肉体と精神をよりよい状態へと導き、より高い潜在能力を引き出す状態へと整える。
その独自の機能は、欧米・アジア各国での数々の特許により証明されている。 ~ワコール CW-X Websiteより

今回初めてフルマラソンを走るにあたって、最後に追加したアイテムがこれ。私はエキスパートモデルのセミロング。走る人に限らず、スポーツをする人には多くの信者がいるというこのCWXは、値段も高いけど、それだけ効果があるんだろうと思う。
この時点での私は、膝が痛いとか、腿が痛いとか・・特別な故障をしていたわけではないし、どこかがものすごく痛いということもなかったけれど(ありがたい・・)、3回目の37K走のとき、30キロすぎてから時間の経過・・距離の経過とともにビシビシと襲ってくる膝まわりと腿の両脇の筋肉疲れと固まる感じに恐れをなして、購入することにした。
本番前に一度試してみたけれど、長い距離じゃなかったので判定不可。

で、本番。
脚、どうなるだろう・・と心配しながら走っていた30キロすぎ。ま~脚より他に心配事があったんで、気にならなかったのかもしれないけど、それにしてもあの「固まってくる」感じは全くなし。それまでと変わらず最後まで動いてくれた。ってことは、効果がやっぱりあったってことかな? 翌日もフルマラソン後の筋肉痛はもちろんあったけど、どこかが痛くなったわけじゃないしなぁ。これを履かなかったら?という検証ができていないので正確なところはわからないけど・・。でも願をかけたのが通じた、高いお金をかけた効果はあったと思いたい。

帰国後、な~~にもしない状態で走ったEKIDEN時は、筋肉保護だよっとこれのお世話に。適度なサポート力がとっても気持ちよかったけど、2回目の最後は脚が重くて重くてだったから・・そういうものかと。

そういえば、どこかが痛くてテーピングやサポーターで保護している人が治ってからもなんとなく心配で・・と保護し続けると、筋肉がそれに頼るようになるからあんまし良くないと聞いたことがある。

で、今日時点の結論。
脚力不足の初心者には、頼りになるありがたい存在っぽい。故障がちの人もテーピングのような効果があるからよさげ。練習不足のときもいいかも?

でも最終的には、ちゃんと走れる脚を作って、怪我なく・・好きなウェアで走りたい!スパッツって走りやすくて好きだけど、見栄えが悪いし(笑)

ちゃんと走れる人たちって、ランパンランシャツだもんねー。

サイトをよくみてたら、ウオームアップやクールダウンによい。。と。
なるほど、やっぱりそういうことか。納得。
関連記事

Comments 2

こうめ

いや、レースもこれで

cwxでレースに出てる人もいっぱいいますよ。調子良かったらこれでもいいかも。
長持ちするから長い目でみたらお得なお買い物だったのかもしれないですね。

2006-11-26 (Sun) 06:54 | EDIT | REPLY |   

nana

>こうめさん
確かによく見かけますね~。でもなんか気になるんですよ、むっちり・・というかエロっぽいというか(笑)
なんてこといわずにせっかく買ったのでよい買い物だと思うことにします!

2006-11-26 (Sun) 23:22 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply