凛・華・麗・美・優 ホーム » スポンサー広告 » 2006 »クリスマスプレゼント♪

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

クリスマスプレゼント♪  

200612241631462
20061224163146
にしては笑える。というか…。


来ました!見ました!
コースのこと、街の風景、自分の体調・・いろんなことが鮮やかに甦ってきた。記憶が曖昧になっていたところも、あーそうだったって。
10キロは写真ポイントだけかと思ってカメラ目線を忘れていた。ハーフ地点はすでに相当きつそうな顔をしていた。腹筋まわりの皮膚が異常にピリピリとしてトイレ地獄にはまったのはハーフすぎだと思っていたけれど、リザルトをみて、15キロ手前くらいだったと判明。そこからハーフすぎまではなんとか持って・・でもその先は1マイルごとにトイレに行っていたのだ。
そうだ、ハーフから30キロすぎるまでがものすごく辛かったんだ。
30キロ地点ではかろうじて走っていた。一応脚は動いていた。けどこれまたここにビデオポイントがあったことをすっかり忘れていた。両端から撮影しているので、右からは写っていたけれど、左からは人影で全く(涙)。来年はど真ん中を走ろう。

トップ選手の走りを追いながらコースマップがでてきて、自分の姿が写ると、楽しかった記憶より辛かった記憶が甦ってきた。そういえば、一度だけ猛烈にレースを諦めたくなった瞬間があった。それが18マイルちょっと手前だったことも思い出した。歩いてしまおうか、もうヤダと泣き出してしまいそうな気持ちだったこと・・走り終わったあとすっかり忘れていたけれど、このDVDを見て突然思い出した。

ゴール地点は何度も手を上げたり下げたりしてニコニコしていた。フィニッシュラインを超えた後も普通に、ごく普通に笑顔で歩いていた。このときにはすっかり安堵感。辛かったことを全部忘れた・・・様子。

写っているのは、10キロ、ハーフ、30キロ、ゴールの4箇所だけだけど、なんだか26.2マイルで感じていたこと、起きたことが凝縮されて甦って・・しかもものすごく冷静にそれを見ていた。

友人のDVDをみて、感激して何度も泣いたのに、自分のは全く・・うるうるもしなかった。というか、自分の姿を目の当たりにして、歩かず完走したっていったって、まわりに歩いている人だらけの所でも一応走ってる風だったけど、第一回目は参加したことに、走ったことに意義があるというだけの現実。
あの日から2ヶ月近くがたつのにまだまだ余韻に浸っている。でも気持ちの充実感や満足感とは裏腹の自分の姿に、来年への気持ちが新たになる。

又来年も!と間違いなく思っているけれど、来年も走れるのだろうか・・という不安がかなり。今年よりきっと緊張しそうな気がする。2度目のジンクス?


関連記事

category: 2006

tb: --   cm: 8

コメント

人それぞれのドラマがありますよね。
いつか解説付きでDVD鑑賞お願いします。

ひまわり2 #YH9wa2gA | URL
2006/12/24 22:56 | edit

僕も解説希望~♪
DVDなんて頼んでみたいとも思ったことなかったけど、今度満足した走りができたら頼んでみようかな~。

まっち #3lhbWskA | URL
2006/12/24 23:20 | edit

まだ頼んでない。。。今からでも頼めるかなあ。

Fumiko #- | URL
2006/12/25 01:51 | edit

>ひまわり2さん
解説不要って感じです(^_^;)

nana #- | URL
2006/12/25 22:43 | edit

>まっちさん
これまた、もっと解説不要~(笑)
自分の写ってる時間なんてほんの少しなのに、あんなに鮮明に甦ってくるとはびっくりーでした。

nana #- | URL
2006/12/25 22:44 | edit

>Fumikoさん
当分買えるんじゃないかなー?
せっかくなので記念に!

nana #- | URL
2006/12/25 22:44 | edit

見たい!

NYで見たい!けど荷物になるか。。。

むさじん #vTxcZjbw | URL
2006/12/25 23:50 | edit

>むさじんさん
検討しまーす。

nana #- | URL
2006/12/27 14:03 | edit

コメントの投稿

Secret

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。