凛・華・麗・美・優 ホーム » Japan »雪で癒され湯で癒され食で癒され友に癒され・・。

雪で癒され湯で癒され食で癒され友に癒され・・。  

東京マラソンの疲れ、痛みを癒す湯治旅行。
寒いときにはやっぱり寒いところよね~温泉は雪を見ながらがいい!
ということで、北海道登別温泉へ。金曜を休養日といって有給をとり、2泊3日の気持ちのんびり旅。
ただひたすら、温泉つかって、部屋でごろごろして、ご飯食べて・・の繰り返し。
自分の部屋でも同じようなことはできるけれど、やっぱり日常から離れるってことが大事。

スッピンでパジャマのままごろごろしてても許される友達で感謝だわ~。
足の痛みは温泉につかると治まるけれど、これで少しはよくなったのかな?少しずつ動かすこともしてみようかな~。

飛行機で移動中。ウトウトしたあと目が覚めたら雪景色~。思わず身を乗り出して写真をぱちり。別に珍しくないのに~(笑)
CIMG0823_convert_20080302214930.jpg
CIMG0824.jpg

唯一の街ぶら。小さな小さな温泉街を小一時間散歩。店頭にぐるぐるまわる「金目鯛」。扇風機もまわって寒風干しだそうです。
CIMG0831.jpg

登別といえば!クマ牧場。世界一?クマ牧場入り口の剥製クマ。だ~~~れも人がいない(汗)。ゴンドラに乗るまでに200円のリフトが・・。だーーーれもいないのに動かしておくの、もったいないよー。そして「歓迎」の看板には見事に中国の旅行者ばかり。あっぱれ。
CIMG0838.jpg

こっちはJR登別駅のクマと地獄谷の鬼。
CIMG0855.jpg

CIMG0849.jpg

行くときは空港からの室蘭行きのバス。所要時間は1時間ほど。インターでホテルまでのシャトルバスに乗り換えて・・・これまただーーれも乗客がいないので、専用バスに。帰りはJR特急北斗にて空港まで。往復乗車券は片道の約半分だった!
CIMG0859.jpg

CIMG0860.jpg

温泉宿には夕食つきが多いけど、到着日はなし。なので、小さな温泉街の唯一の寿司屋で登別産の魚に舌鼓。バブル時代に激しく働いてきたお父さんとお母さん。強烈な個性とパワーで今も切り盛りしていました。現在74歳と70歳。ブランド大好き!ギャンブル大好き!後継ぎがいないので、まもなく廃業かな~と(寂)。ナマうに、稚貝、お母さんのつけたいくらの醤油漬け、つぶ、ほっき、ほたてなどなど。ゆっくりまったりいただく。
CIMG0826.jpg
CIMG0827.jpg
CIMG0828.jpg
関連記事

category: Japan

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop