凛・華・麗・美・優 ホーム » Hong Kong »泊まったホテル

泊まったホテル  

今回のホテルは「L Hotel コーズウェイベイ」。
といいつつ、場所は地下鉄天后の目の前でした。昨年できた新しいホテルで一丸旅行の2月に豪●組のお二人が泊まったところのスイートです。
DSCN1503.jpg

17階の角部屋の駅が見えるほうで、ウッディな廊下を歩いて扉を開けると玄関のようなスペース。そして左側にトイレ、シャワールームが、正面にはリビング、次の部屋はダブルベッドにテーブル、そして洗面、シャワールームにぽつっとバスタブという具合。
床はフローリング、部屋全体もウッディでとっても落ち着きます。
リビングのソファーはベッドになるもので、ソファー用のローテーブルのほか、ちょっとお茶飲んだり食事のできるダイニングテーブルもどき、オシャレだけど全然リラックスできない椅子(笑)、どーんとでっかい液晶テレビ、コーヒーメーカー、カップその他も一式。

ベッドルームの方はキングサイズの大きなベッドに湾曲した壁面、窓際に座るスペースはあり、テーブルの鏡は三面鏡になり動かすと窓!こちらにも大きなテレビが・・。
洗面スペースはすべてガラス張りでここにクローゼットや金庫が。水は750ミリの大きなペットボトルが毎日3本ずつ。体重計もあり。
独立したシャワーブース2個にトイレは何だかんだいってものすごくありがたかった。

問題はねーバスタブなのですよ。
ベッドルームとの境目にポつっとおいてあり、タブの下はなんと板張り(でももの凄く水はけがよく、すぐに乾燥)。さらにいろんなところで読んだ記事にはロールスクリーンがあると書いてあったけど、そんなものは一切なし。なので、入る場合は温泉か銭湯か・・そのまま入るっと(笑)。これ、家族だから・・それでも結構恥ずかしかったけど、ラブラブなカップル以外ダメじゃん(笑)。そしてちっちゃめなので、すっごくかわいいけど、私は体育ずわりで入る感じだった・・。
さらにこっちのトイレは、一応洗面スペースの一番奥ですりガラスのついたてがあるし、洗面スペースとベッドルームの間には扉があるから見えない・・・けど、バスタブから洗面スペースが見える・・・ってことで、姿はガラス越し、鏡ごしに見える

斬新、シュールすぎて大照れよ~
こういう点でも2部屋あったのはものすごくよかったのです。

父なんぞは、「昔は月明かりにぼんやりと姿が浮かぶのを美としたのに、今はずいぶんと大胆だねー」と苦笑しておりました(笑)
DSCN1551.jpg

h_42_36s.jpg

h_42_35s.jpg

h_42_37s.jpg

h_42_40s.jpg

h_42_39s.jpg

h_42_43s.jpg

DSCN1552.jpg

DSCN1553.jpg

ロビーには日本語の読み書きができてプリントもできる無料PCが2台、フロントもベルもみんなとってもフレンドリー、お掃除は午前中早いうちに丁寧にやってくれるので申し分なし。
4月の連休時期は大きなコンベンションと重なったおかげで、どのホテルもものすごく高くてびっくり。それでもここは同じ金額出すこと考えたら交通の便はいい、部屋は広いし設備は整ってるからトータルでみたらものすごくお得で素晴らしく満足!
強力にお勧めしてくれたNさんに感謝です~。

関連記事

category: Hong Kong

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop