凛・華・麗・美・優 ホーム »観て聴いて感激
カテゴリー「観て聴いて感激」の記事一覧

歌舞伎座 [三月大歌舞伎昼の部]  


好天の観劇日より。
今回は久しぶりに母と一緒に観に行ったため、長すぎるよね~と体調を考慮して1つ目はパス、、(後日ちゃんと見ます)。

仁左衛門さんの銀平がなんとも言えない色気と品があって素敵だった。知盛ですら気品のある貴族的な格好良さ。神々しささえ感じる、血だらけでもステキってどんなσ(^_^;)。
最後の身投げはドキドキ、少しお疲れ気味かしら。
市川右近ちゃんは1月の襲名スパルタ公演を乗り越え素晴らしい帝に、感涙
‎可愛いを連発した1月の後すぐまたこんな立派な姿を見られて嬉しいわ。頑張れー٩( ᐛ )و

みっくんのどんつく。
菊五郎さんの存在感が凄すぎたけど、これから見るのがほんとうに楽しみに。
海老蔵さんの落ち着かない、きょろきょろした不審者状態に、ああこうやって後ろでじっとしている修行がきっと足りないのね、いつも主役だもの感が漂い、、。

もう3回忌、、まだ、、という感じかな。というより本当にいなくなっちゃったのかしら、、涙。


一、明君行状記(パス)

二、義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)
渡海屋
大物浦
渡海屋銀平実は新中納言知盛 仁左衛門
女房お柳実は典侍の局      時蔵
相模五郎               巳之助
銀平娘お安実は安徳帝      市川右近
入江丹蔵               猿弥
武蔵坊弁慶             彌十郎
源義経                梅玉

十世坂東三津五郎三回忌追善狂言
三、神楽諷雲井曲毬(かぐらうたくもいのきょくまり)
どんつく
荷持どんつく 巳之助
親方鶴太夫 松緑
若旦那    海老蔵
太鼓打    亀寿
町娘      新悟
子守      尾上右近
太鼓持    秀調
太鼓持    彌十郎
田舎侍    團蔵
芸者     時蔵
白酒売    魁春
門礼者    彦三郎
大工      菊五郎

1F 6列

category: 歌舞伎

tb: --   cm: --

パリ・オペラ座バレエ[ラ・シルフィード]  


去年はガルニエにバスティーユにも行ったわ。
前回の来日公演はオレリーとエルヴェのつばき姫をみたんだった。今思えばかなり貴重。
パリオペを何回か見るうちに、自分的にもはや神の領域的と思うダンサーがマチアス。
彼の全幕が見られるならば、このタイミングで観ておかねば、、と1点買い。もちろん来日確認してからf^_^;

シルフィードってあっちの子かわいいね、こっちの子もかわいいね、置いてかないでー、えーええー死んじゃったのーわー、、パタリ
みたいな、ふらふら何やってんの?なダメ男だと思ってたけど、今回のマチアスミリアム組はそういうテイストはまるでなく、妖精のエフィちゃんについて行った時点で2人とも死んで天上で戯れたかのよう、そのくらい2人が神々しくて無重力状態のなかでフワフワしていた。

なのに、なんだか日本で見たそれとは全く違って(事実全く違う版なので違うらしい)踊りまくるふたり。とんでもなく難しそうな振りを軽やかに、マチアスがミリアムをふわっとリフトするときのエレガントさ、下ろすときには言葉が見つからないほど美しくさらにエレガント、見ているだけなのに無意識に一緒に呼吸を合わせてしまうような感覚になるくらいに空間を席巻していた。

途中でミリアムは滑った?ように見えるとこがあって、ハッとするような場面もあったのだけど、何というか、言葉にするととても陳腐になってしまうけれど、この世のものとは思えない、本当に舞台を見ているのかしら、このふたり、本当にいるのかしら?というような異空間だった。

はぁ、、美しいものを見るのはこころの栄養だわ♡
マチアスの踊る全幕もっと観たいっ!
いつかガルニエでみたいなぁ。

......にしても。
チケ代高杉だ(-"-)

パリ・オペラ座バレエ[ラ・シルフィート]
東京文化会館
2017.3.4 18:30

ラ・シルフィード:ミリアム・ウルド=ブラーム
ジェイムズ:マチアス・エイマン
エフィー:レオノール・ボラック
パ・ド・ドゥ:エレオノール・ゲリノー / フランソワ・アリュー

1F L11

category: ballet

tb: --   cm: --

Metropolitan Opera [ROMÉO ET JULIETTE]   


今年も参加できました。 

久しぶりにとても楽しみな歌手と演目。
ようやく全幕ものでグリゴロくんです。

いつも黒貴重のドレスで参加しますが、今年は少し華やかにしたくて、薄いピンクを選択。もちろんフワフワと姫気分になれるものだはなく黒でビシッとしめてます、笑。
 お手本は↑。
なんだけど自分の写真を見るとどうもだいぶ違う(・・;)....

もうグリゴロくんに尽きる。
これまでの私の印象は、明るく伸びやかな声でとにかくエモーショナル。良くも悪くもいつ爆発してもおかしくないような💣の印象。
映像で見ると、張り切りすぎたり、落ち着きがなかったり、押しの一手で笑ってしまう(なんと表現したら良いのかしら...どうどう、、落ち着いて!と言いたくなる感じの(笑)ε-(´∀`; )。
実演は東京のマスタークラスの時だけです。ああ、そういえばあの時も歌いましたね、ロミオ😍。

彼の声の揺れが私にとっては心臓の鼓動にピタリとハマるようで、聴いてるとなんとも言いようのないもぞもぞ、ドキドキしてしまうのもある。
今回、声の状態は素晴らしく、メトの大きな劇場を自然体で包み込む温かさと華やかさがあってそこにいること自体が心地よかった。メリハリのある、場面や心情にあった動き→表現が実に理にかなっていて無理がないので魅力的。
若々しく瑞々しく、、、久しぶりに肩のこらない明るいイタリア声を聴きました。
素晴らしかったです。堪能しました(^o^)

ジュリエットはダムラウ。1年ぶりです。
気か強そうでおキャンなジュリエット、舞台上を猛スピードで駆け回ったり、若さと可愛らしさを見せるための仕草が盛りだくさん。あれだけ激しく動いても息切らさず、いつも通りの完璧なピッチでうたうんだから凄いよなーとひたすら感動。
ただ頑張ってたけどどうしてもお姉さんかお母さんに見えちゃうな。
去年の真珠とりよりはよかったけれど、やっぱりブレスが苦しそうで、いつもながらの正確なピッチと見事なコントロールなのに、中音域音域から上が苦しそうで一緒に息を止めそうに。
グリゴロ君と演技のベクトルや熱はピッタリだけど、声は今一つ合ってないな、と個人的は思う。

あとで録音聴いたら、やっぱり硬いなーと思ってしまった(・_・;

しかし主役ふたり以外があまりに弱く、突出してしまっていたのもまた事実。

悲劇なので華やか一辺倒の作品ではないけれど、無理のない演出と主役ふたりの華やかさで大みそかを締めくくりました(^^)。

■Metropolitan Opera ROMÉO ET JULIETTE
20176.12.31 18:30-
Charles Gounod-J
ules Barbier/Michel Carré/William Shakespeare

Roméo...................Vittorio Grigolo
Juliette................Diana Damrau
Frère Laurent...........Mikhail Petrenko
Stéphano................Virginie Verrez
Mercutio................Elliot Madore
Benvolio................Tony Stevenson
Gertrude................Diana Montague
Capulet.................Laurent Naouri
Tybalt..................Diego Silva [Debut]
Pâris...................David Crawford
Grégorio................Jeongcheol Cha
Duke of Verona..........Oren Gradus

Conductor...............Gianandrea Noseda
Production..............Bartlett Sher
Set Designer............Michael Yeargan
Costume Designer........Catherine Zuber
Lighting designer.......Jennifer Tipton
Choreographer...........Chase Brock [Debut]
Fight Director..........B. H. Barry

Pret SideBoxfront

category: オペラ

tb: --   cm: --

Metropolitan Opera [Nabucco]  

 
ドミンゴ様ではありませんでした(^_^;)。
この日もラッシュチケットを買おうとしたけれど連続では買えない模様、、残念。
ということで、お気に入りのGTサイドフロントの残り席をポチッとして参戦です。
今年ワーグナーとフランスオペラばかり聴いていたので、久しぶりのイタリアオペラにワクワクした。

とにかくコーラスと女声が圧巻。
モナさんとバートンがど迫力で、感動の鳥肌...
こういうのを聞くともっとヴェルディ聴きたい!イタリアオペを聴きたい!と思う。、素晴らしかったです。
が男声がなぁ。
揃いも揃って吹き飛ばされそうな弱さでがっくり。  特にナブッコのルチッチ、、割と何度もいろんな役で見ていますが、彼の良さに触れたことがない気がする(・_・;。

まぁ一番の功労者はコーラスでしょう。
幕中の金翼、素晴らしかったわ、、と浸っていたらいつも暖かいメトのお客さんから鳴り止まない拍手が、、ウンウン、、わかるわー。
で、、全然やまないどころかますます大きく、、わーメトだわーwww
とおもって微笑ましく見ていたら、レヴァインが譜面を戻している。 えっえっえっーー??ここでアンコール@@。
ええ、まさかこの場面で、この曲でアンコールでしたよ。゚+.(・∀・)゚+.゚イ
年末スペシャルでしょうか。

メトで劇中アンコールに遭遇したのは3回目。
過去2回は両方ともフローレスだったわねー。
ああ、メトだわー。

■NABUCCO
2016.12.30 19:30
Giuseppe Verdi--Temistocle Solera
Nabucco.................Zeljko Lucic
Abigaille...............Liudmyla Monastyrska
Ismaele.................Russell Thomas
Fenena..................Jamie Barton
Zaccaria................Dmitry Belosselskiy
Anna....................Danielle Talamantes
High Priest.............Sava Vemic
Abdallo.................Eduardo Valdes
Conductor...............James Levine
Production..............Elijah Moshinsky
Set designer............John Napier
Costume designer........Andreane Neofitou
Lighting designer.......Howard Harrison
Stage Director..........J. Knighten Smit

GT side front

category: オペラ

tb: --   cm: --

Metropolitan Opera [L'AMOUR DE LOIN ]   


オペラ素人には敷居の高い予習しにくい作品。
事前にラジオを聞いたけれど、なんだかいわゆる盛り上がりやお涙頂戴的なメロディはなく、同じようなく音が延々に続く、眠りに誘われる典型。私の素養の問題も大きいけれど、一年間の脳疲労もあってなかなか入りにくい 。

北欧出身の女性作曲家、女性指揮者、アメリカの若手歌手3人のみ、そしてリングでおなじみのルパージュの幻想的な演出。
舞台上、オケピの上まで電飾が敷き詰められ、海のよう。幻想的でとても美しくてはっとします。
その隙間からコーラスがモグラ叩きみたいに頭出したり引っ込んだりw
さらに写真にあるようなクレーンに上り下りしながら歌う、
生で見るとその演出の目新しさと美しさ、予測できない面白さがあってそれほどだるい~とか、即眠くなることはなかったけれど、やっぱり淡々と進むので、時々意識が遠のく・・・・・

ただ、こういうのを作品をわざわざ選んでみることはないので、旅先ならではの醍醐味です。
WOWOWで字幕付きで復習したいです。




■L'AMOUR DE LOIN {8}
Kaija Saariaho
Jaufré Rudel................Eric Owens
Clémence....................Susanna Phillips
Pilgrim.....................Tamara Mumford
Conductor...................Susanna Mälkki
Production..................Robert Lepage
Associate Director..........Sybille Wilson
Designer....................Michael Curry
Lighting Designer...........Kevin Adams
Landscape Image Designer....Lionel Arnould
Sound Designer..............Mark Grey

DC

category: オペラ

tb: --   cm: --

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop