凛・華・麗・美・優 ホーム »2009
カテゴリー「2009」の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

New York 3日目 Marathon Sunday -2  

CIMG3290.jpg

■~10Km(1:09:00)
初めて走るブルーのコースはほぼオレンジコースと同じだけど、ベラゾノブリッジが終わってすぐブルーのみとなる部分がいきなり少しひっそり。そして合流してまたひっそり。。(笑)。で、2.5Mくらいでオレンジに合流してひたすらまっすぐ走る感じ。
走ってみると、スタートの興奮を覚ますのにちょうどいいかも!?だった。ブルックリンの楽しい応援を愉しみ・・といいたいところだけど、今回は道路の中央を走りハイタッチしたり、声援を受けたりせず自分の体感を確かめていた。調子はどうかな~、足腰はもつかな~、呼吸はどうかな~。最初からタイムを気にせず楽しんで走ろう!と割り切れればそれもよし、タイムを狙ってがんばるぞ!と思えればそれもよし。
今回の私はどれもしっくり来ず。26.2マイルをどう走ったらちゃんとゴールできるのか、ゴールを目指せるのかが全然決められずに走り始めてしまったために最初の5kmは悩みながらだった。
体調を確かめながらリズムを探していたら5kmポイントに到達。時計を見ると31分を超えている。そんなにゆっくり走っている感じはしないけど、ちと遅すぎるんじゃないか!?

どうやら頭痛もあちこちの痛みも感じない。これなら結果を恐れずに自分を信じて頑張れるところまで頑張ってみよう!と思えた。
31分を超えていたのもいい刺激になって、体にムチが入った感じだった。
応援してくれる人垣もすごいけど、ランナーもすごく多い気がする。同じようなペースのランナーで混雑しているなーと思いながら、給水はゲータレードのみを1回から2回ごとに飲むようにした。
いつの間にか風はおさまってきたけど、気温があがってきたのかな?しっかり汗をかいて体温も上がっている。サングラスをするほどの日差しはないので、頭に置いたまま、ウェアも起毛のものじゃないけど急に暑く感じて、なんでかなーと思ったら手袋だけ2枚重ねだった(笑)。
1枚は薄手のもの、その上にフリースの指なしをしていてそれが保温効果抜群だということに気づいたので、このあたりで取って手に持って走った。
 ★5-10Km(29:02)

■~Half(21Km2:06:32)
アトランティックアベニューは例年大声援ポイント。今年は1stAve並みの声援が遠くから聞こえてきて、人垣が見えてきたら急にものすごく感激して嬉しくなって、鼻の奥がツンときた。うるっとした。時々風を感じて、日差しを感じて、暑いなーと思うのと、みぞおちあたりが圧迫される感じがあってそのあたりをさすりながら沿道よりを走った。多くの人から大声援を受けて、感謝して、励まされて、気持ちよく走れていることに気づく。やっと自分のペースがつかめてきた。
すべての色が合流した8M地点を超えるとますます大混雑に@@。
 ★10-15km(29:30)

15Kを超えると今までだと何か補給を・・と思うのだけど、今回は圧迫される感じがあるのと、食べすぎか!?^^;まったく空腹感がないので、無理しないことにする。ただ汗をだいぶかいていたのでゲータレードを1Mごとにとったような。
ベッドフォードにはいり、このあたりにTさんがいるはず!?左右どっちかな?と何重にもなっている人に目を向け探しながら走ると日の丸発見!!!
よかったーー見つけられた♪ 中央部分から急にコースを変えて(ごめんなさい)、Tさんのところに駆け寄りありがとーーーと手を握ると、手袋をしてるのに、冷たいじゃん(**)。走ってる私は暑くて汗かいて手袋要らない!と思っていたけど、日陰で応援するTさんはじめみなさんは寒いよね、。、。
ううう、こういう人たちに支えられています、ホントにありがとう。

元気をもらって順調に走る・・・けど、暑いんだよな~。もう1枚の手袋をはずし、給水所でもらった水を手にかけたり、首からかけたりして体温を下げるようにする。何もいらないけど何か補給しなくちゃ、と少しだけ考えた結果、はちみつ梅干に決定。

スッパいーーーっ(笑)。

この感覚がおさまりかけたころハーフへのプラスキーブリッジへ。相変わらず勾配がきついね、ここは。タイムはしっかり落ちるけど、まだまだ元気もあるし、どこかが痛くなってきたわけじゃないので大丈夫!途中に見えるエンパイアステイトビルに「またあとでね!」と声をかけて駆け抜けた(つもり^^)。
 ★15-20Km(30:51)

category: 2009

tb: 0   cm: 0

New York 3日目~Marathon Sunday !-1   

11月1日(日)
前日23時ころ寝て、3時半ころちょっとした物音で目が覚める。全然眠れなくて1時間おきに目が覚めていた今までに比べれば薬のおかげか?ぐっすり眠れた感じ。
ふとドアのあたりをみると白い紙が下から差し込まれていたので、何かのお知らせかな~と思って起きてみてみると!!!!
091115_2
うわ~~~~ん(><)。なんと日本からの応援FAX。目覚めた瞬間から涙、涙・・。ありがと~、がんばるよ!
5時過ぎに起きて、いつもの準備。
*赤飯3つをふたりで完食(おにぎり分なし^^;)
*納豆汁
*カステラ
*バナナ
*緑茶、オレンジジュース、ゲータレード
しっかり食べて、痛い、ほどでもないけど念のためにテーピング。忘れ物がないか確認をして6時半にホテルを出発する。

日曜朝は地下鉄が全然こなくて、やっときた急行でいくつもりが42丁目でストップするということで降ろされ、大混雑の各停でグダグダになってフェリー乗り場へ。
7時半のフェリーのそんなに余裕なく乗り込みいざ出陣。

8時半すぎにようやくオレンジエリアで落ち着く。
CIMG3260.jpg

食べたものは
*ベーグル半分
*アミノバイタルゼリー
*コーヒー
*カステラ
*バナナ・・・
それにメダリスト粉末を溶かして持ってきた水をちびちび。
グリーンのせさんとブルーの私の中間点オレンジで待機していたものの、9時過ぎにはまずせさんが荷物を預け、戻りをまってブルーに移動し私も荷物を預ける。荷物締め切り寸前。まだアナウンスしてないのに。。明け方まで降っていたらしい雨のせいで、土の部分はぐちゃぐちゃ。
トイレにより、防寒ウエアとアミノゼリー、メダリストをもって所定のコーラルへ。
コーラルへの入場はかなり厳しくチェックしていた。自分の指定されてるところより後ろへの移動はOKみたいだけど、前へはだめ!細いフェンスで封鎖しながら。こういう厳しいチェックは初めてみたかも。ここだけだし。

スタートを待ちながら、もうおなかいっぱいだけど、アミノゼリーを飲んで、動き出したときに防寒ウェアを脱ぐ。寒い?大丈夫そうだ!
持っているものはメダリスト(水)のみ。ちびちび飲みながら、少しずつ進む列についていき、気持ちを盛り上げ、トイレにもう一回行こうか、やめようか、、悩む。
で、結局スタート直前にあったトイレに飛び込む。げっ(@@)な感じだったので、もう様式なのに和式トイレ状態で使用し(笑)、すっきりしてスタートの合図を待つ。

God Bless AmericaとNew York New Yorkが流れたと思ったら「バンっ」という轟音とともに列が動き出した!!始まったよ!

CIMG3291.jpg

橋の上は強風。
今年はウエストポーチのベルトにタオルを挟んだけど、あっという間になくなっていた・・。
初めて走るブルーのコース。今まで以上に大人数な印象なのでぶつからないよう、転ばないよう気をつけよう。

category: 2009

tb: 0   cm: 2

New York 2日目   

10月31日(土) International Friendship Run

これにピカチュウを着て参加する!が私(たち)の走り始めたきっかけ。
それが今年で4回目になるんだから・・びっくりする。

心配していた雨は降っていないようだけど生暖かい。フリースピカチュウは暑いだろうな~と思いつつ、今年の参加Tシャツ(長袖)とここでしか着ないFSR参加Tシャツ(半そで)に綿の普段用スパッツに、EXPOでもえらったナイロンリュックとT-mobileのタオルをもって出発。
ホテルスタッフはハロウィン仕様で仮装、宿泊者の欧州ランナーはびっくりしつつも笑顔^^。
地下鉄の駅はこんな感じ。
CIMG3185.jpg

最初の待ち合わせは、地下鉄赤ラインの50丁目の駅でたとこ。
走る目的できたわけじゃないのに、半ば強引にお誘いしたところ、ぴかちゅうにつられてOK(笑)。私たちはふたりで地下鉄乗ってきたけど、彼女はひとり。。なのになんだか楽しそう♪
CIMG3186.jpg
この後、バスと歩きで国連前に。
CIMG3199.jpg
写真を撮ってるつもりがすぐこんな風にアイドルに♪今年も存分に楽しみました。
けど、ものすごーーく暑かったよ~~ふーふー。
CIMG3200.jpg
コース途中で見つけたマラソン広告。
CIMG3214.jpg
ゴール後は、水、ベーグル(プレーンとシナモンレーズンの2種類、選べる♪)、りんごの朝食あり。
CIMG3219.jpg
インタビュー受けたり、アイドル続けたりしながら無事終了してそのままホテルへ。
その前にハロウィン仕様のこんなものをみたり・・
CIMG3227.jpg
ぴかちゅうのままバーガー食べたり(笑)
IMG_0941.jpg

部屋に戻った後は、楽しくて元気だったくせに、ものすごいダメージが体にあった(ような気がして)、足腰ガタガタ・・今年も土曜は完全休養だ!
お買い物にでかけるせさんを見送って、ベッドに。
・・入る前に、ホテルそばのネイルサロンで爪の手入れとスタバでインスタントコーヒーをお土産に購入。ネイルサロンでは仮装した小さな子供が「Trick or Treat?」とかぼちゃのバケツを持って何人も入ってきて、微笑ましいな~と眺める。ホンモノだよ~(笑)。
戻ってからはひたすら睡眠。

夕方パスタパーティの待ち合わせぎりぎりに目覚めて、慌てて準備。お待たせしてごめんなさいー。
CIMG3230.jpg

入場待ちの列の横でこんなパフォーマンスも。そして大勢いる中からなんと私にハートつき風船のプレゼント♪
CIMG3235.jpg
CIMG3236.jpg
有料のパスタパーティ会場。華やかでにぎやかです。単に炭水化物補給!の場から一変。
CIMG3239.jpg
今年はセルフサービスじゃなくて、ボランティアさんのサーブつき♪ とびきりの笑顔でこれでもかーーーの絶賛大サービス。いや~~ありがと。でも味はねえ。。。。ぶれぶれ写真でごめんなさい。
CIMG3237.jpg
同じテーブルになったフランス人?にGood Luck!と声をかけて外にでると!!土砂降り。ひ~~。
少しだけ花火をみて、ゴミ袋かぶってホテルへ。
ホテルロビーにいたヨチヨチ歩きの子供に風船をプレゼントしてバイバイ。

さて、いよいよ明日だ。
着るもの、もっていくものの準備。忘れ物がないように慎重にね。
そうこうしていたらおなかが空いてきた・・。
あんまりがっつり食べられないけど、パスタがね~^^;;。バナナやりんご、フルーツなどなどを食べながら、冬時間に時計を戻す。

緊張してる?と初マラソンのせさんに聞いてみたら、「うーん、別に・・」と余裕。パスタパーティでもお替りして食べてたし、短い滞在期間を無駄にしないよう精力的に動いているし、で、自分の初マラソンを思い出しては尊敬のまなざしを向ける。そんな余裕まったくなかったよ~。
それに今もしや私のほうが緊張してるんじゃ・・(笑)。




category: 2009

tb: 0   cm: 0

New York 1日目  

10月30日(金)

3時半すぎに寝たにもかからずちゃんと目覚め。日の出を眺めつつ、軽くパンを食べ、ごみを捨てて出発。
9時過ぎ成田着。
チェックイン後、普段行ったことのないカード会社のラウンジへ。
何気なく手に取った現地ガイドに今回の完走ディナー場所の割引が載っていた♪
無料のコーヒーを飲んで出国審査へ。

免税店にて日常使いの化粧品を購入。ANAの免税店で買えば、免税価格の上、ANAカード割引10%、ショッピングマイル、カードポイントが加算されるのでとってもお得。
だけど!欲しいと思っていた化粧水がないっっ(泣)。けど、ほかのものと出発前に巷で話題になっていたこれを購入♪
chl-bd0003.jpg
ここで、今回のツアーメイトせ さんに遭遇!しかしお互いにお買い物に夢中なため、挨拶もそこそこに、あとでね~と別れる(笑)。

化粧水を求めて別の免税店FASOLAへ。
あったあった。と、ここで化粧水と、10月に札幌でものすごーーーく強力に勧められたランコムのジェネフィックを見つけて購入。お肌プルンプルンのSさんがとってもいい!というので、それなら使ってみなければ!これはフランス製50ml。日本人用には日本製があり成分が若干違うらしいし、使用法も違う。違いはテクスチャらしいけど、とろっとした感じがたまりません(笑)。
13139597.jpg

あ、これ、ANAの機内免税販売でも買えます(30mlのほう)。時期によるかもしれないけど、空港免税店より機内のほうが安いので、ANAに乗る方は要チェックで!
この免税店でも5%引きになることが判明。よしよし。

搭乗口で今回のツアーメイトさんと集合。Oさんはすでに真っ赤で酔っ払い状態(笑)。全員バラバラの席で定刻に出発。
機内では、写真取る気も起こらなかった機内食2回といつものハーゲンダッツ。今回はカチカチToy Ice状じゃなくてやわらかかった♪
それより、前の列に座っていたご家族らしい3人組と別の男性二人組(おやじ)がうるさくてうるさくて・・。何にそんなに興奮してるの??と聞きたくなるくらいものすごい大声(ヘッドフォンして音楽聴いてても会話がクリアに聞こえるくらいの大声)でずーーーーーーとおしゃべり。もう少し配慮しようよ~。

いつもなら爆睡するのに、あんまり眠れず、SUDOKUをやったり、映画をみたり(3本も見ちゃったよ)・・。
ほぼ定刻に到着して外にでるとこちらも穏やかで気持ちのよい天気。暑くなく寒くなく・・紅葉は盛りを過ぎてたけどね。ふ~。
タクシーでホテルまで。とっても順調です。
CIMG3167.jpg

チェックインは・・したけれど、部屋には入れず荷物を預けてそのままランチへ。
いつものHanBatです。

ペンステのシャトル乗り場からEXPOに向かおうと思ったものの、ちっとも来ない。そういえば去年も来なくて歩いたんだった。乗りたい人はどんどん増えるけど来る気配がないので、待てない私たちはあきらめて市バスでGO!
ここで出会った日本人ランナーさんにはレース後に再会しました。
CIMG3180.jpg
CIMG3182.jpg
去年スカスカだった印象のEXPOも今年は少し活気を取り戻していた感じ。パスタパーティのチケットの引き換えもここで。名前のチェックはしたけど、チケット自体は時間も何もかかれていないもの。Oさんはどこからかそのチケットをもらったらしいし。やっぱり結構適当です^^;;。

楽しく過ごしていたけれど、あんまり調子がよくなかったのか?このEXPOだけでぐったり。シャトルバスでホテルに戻った後は「寝る!」といってそのままベッドへ。
何もしないで寝てすごしそうな状態だったけど、ふと目を覚まし、いかん!と元気をだして出かけることに。最後まで何を見ようか気持ちの決まらなかったミュージカル。TKTSで掲示板を眺めて、一番何も考えず楽しめそうな「ROCK OF AGES」に決めて劇場へ。
入り口でライター型ペンライトを受け取って席へ。

GUNS'のWelcome to the Jungleが大音量で流れる中バンドが登場して、早速客席を盛り上げる。
金髪ロン毛のギタリストJoelが舞台下からの扇風機に煽られて髪を舞い上げて演奏開始。きゃ~~(笑)。私はこういうギターヒーローが好きなのよ~♪
80年代、90年代のロックのオンパレードで、ストーリーはともかく^^;;、懐かしい~~歌と演奏を楽しみました。Kerry Butlerでてたしね。
synopsis.jpg

ちなみにセットリストはこんな感じ。
"We Built This City" by Starship
"Nothing But a Good Time" by Poison
"Keep On Lovin' You" by REO Speedwagon
"I Wanna Rock" by Twisted Sister
"Too Much Time on My Hands" by Styx
"Renegade" by Styx
"Oh Sherrie" by Steve Perry
"Waiting For a Girl Like You" by Foreigner
"Shadows of the Night" by Pat Benatar
"Don't Stop Believin'" by Journey
"Heaven" by Warrant
"The Search is Over" by Survivor
"High Enough" by Damn Yankees
"The Final Countdown" by Europe
"I Want to Know What Love Is" by Foreigner
"Here I Go Again" by Whitesnake
"To Be With You" by Mr. Big
"Every Rose Has Its Thorn" by Poison
"Can't Fight This Feeling" by REO Speedwagon
"Wanted Dead or Alive" by Bon Jovi
"Cum On Feel the Noize" by Quiet Riot
"Any Way You Want It" by Journey
"Heat of the Moment" by Asia
"Sister Christian" by Night Ranger
"More Than Words" by Extreme・・・more

マラソン前はこのくらいで十分。すっかり楽しくなって地下鉄でホテルへ。
おなかすいたかも?ってことでFairwayで食料買って戻ったものの、まだせさんは不在。やっぱり頭痛はあるな~とどんよりしつつ、空腹を満たしていたらせさん帰宅。
あら~同じようなもの買ってたのね!

ってことで、明日に備えておやすみ。

category: 2009

tb: 0   cm: 2

I'm OK   

20091108223003.jpg
今年のNYマラソンが終わって、感想を一言であらわすとしたら、「ほっとした」だなーと思う。
出発前にもなんとなくぼやいていたけれど、今年は走ってないわけじゃないけど全然足りていない気がしていたし、走るたびに不調だなー、元気がでないなーと思うことばかり。
去年と比較してどうこう言うこと自体がナンセンスな気もするけど、一応・・
2008年:8月 112Km 9月 192Km 10月 191Km
2009年:8月 124Km 9月 194Km 10月 172Km
この時期出たレースも同じもので、9月の縄文の里(ハーフ)と10月の札幌(ハーフ)。

ほぼ同じような状況だったにもかかわらず出発前の心境は正反対。去年は10月に入ってから自分でもはっきりと変化がわかるコンディションの上がり具合だったので、出発前には1週間まったく走れない時期があったり仕事がぐちゃぐちゃだったりしてもとても冷静でいられたし、大丈夫、ちゃんと走れる!という気持ちになっていた。
それに引き換え今年は、10月に入ってから走れば走るほど調子が落ちていくような気がして、どこかが特別に痛いというわけじゃないのにどんよりする日々。コンスタントに走れる状態だったにもかかわらず・・大きなストレスがあったにせよ、とにかく偏頭痛勃発の頻度はあがるし、すぐに苦しくなるし、1年でこんなに変わるのかな~とがっかり、どんよりした。いいときばかりじゃないのは承知してるし、楽しく元気に走れるときばかりじゃないけど、それでもね、ちゃんと笑顔でゴールにたどり着けるのかな?ちゃんと走れるのかな?と不安が増してものすごく緊張した。

何とか気分を変えようと努力して、持ち前の負けん気の強さとポジティブシンキングでと自分に言い聞かせてみたものの結局こんな調子は当日まで続いた。

NYに到着して少しだけヒンヤリしていた風に触れ、EXPOに行き、ミュージカルをみて、FSRを楽しんで・・・そういう最中は大丈夫でも、そのとき以外はやっぱり偏頭痛、さらには歯まで痛くなってくる始末。肩こりはひどくなるし、は~~、な気分でぐったりとホテルで寝ていた。

鎮痛剤を2回飲んで、何とかごまかして迎えた当日の朝。
20091108221527.jpg

雨じゃないけど曇り空。大混雑の地下鉄でフェリー乗り場に向かうまでにすでに汗だくで気分が悪くなる。フェリーはいつもながら快適で、そんなに寒くなかったおかげで外にでてほてりを冷まして、自由の女神を眺めて「今年も私に力をください!」なんてことを祈ったりして・・。
20091108222721.jpg

バスでスタート地点に向かうのも、輸送人数が多すぎるのか、参加者が多すぎて追いつかないのか、そこまで順調だったのに、降りてからが大混雑。ちっとも進まずいらつく。ホテルをでてからオレンジブロックの待機所に座るまでに2時間かかった。
20091108222742.jpg

だから、スタートまでにあまり時間がなく、慌しくて、30分後には荷物を預けなくてはならず(それでも締め切り寸前)、夜に降った雨の影響で土の場所はぐちゃぐちゃ・・。ただこれはこれで寒い中何時間も待たずにすむので慣れればよいのかもしれない。

所定のコーラルの締め切りもわりと早いのでゆっくり落ち着いてなんて時間はなかった。事前に決められていたフェリーより30分早くしたけど、これでこんな感じだからちょっとせわしない。

スタートはWave3のA。最初のブロックなので、ちゃんとスタートゲートが見え、挨拶やらゴッドブレスアメリカ、New York, New Yorkを聞きながら、ものすごい轟音とともにスタートができた。これには大感激した。スタートの1分ほど前にトイレに行くこともできた(笑)
20091108221605.jpg

で、スタートしたら、急に力が抜けた。
あ~今年も走れるんだな~♪興奮した各国のランナーに混じって走り始めたら元気がでてきて体が緩んでいく気がした。とにかく今年もNYの街を走れることに感謝しよう。元気に走ろう!って。

オフィシャルの写真の準備ができたよ~というメールがきて、早速見に行ってみたら、びっくるするほど笑ってる写真ばっかりだった。楽しかった?そんなに嬉しかった??
うん、たぶん、嬉しかったんだと思う。今年も自分の名前を貼って走ったけど、今までにないほど多くの声援をもらった。日の丸や日本語の応援はそんなに多い気がしなかったけど、ニューヨーカーの熱い声援と知ってる限りの日本語(ガンバッテ、モウスコシ、オハヨウゴザイマス!アリガト・・とか 笑)、もちろん英語での声援というか絶叫にも大感激した。苦しいなーと思いはじめると聞こえてくる声に何度も救われたし元気がでた。
だから、気づいた限りはちゃんと顔を向けて手を上げたり、お礼を言った。

同時期にNYに行っていた友人も寒い中日の丸を持って応援してくれた、6年前に大きな決断をしてNYに向かった友人も見事就職をして応援してくれた。ふたりとも手袋して防寒対策ばっちりだっただろうに、手を握ったら冷たさが伝わってくるくらいの中、声をからして応援してくれていた。嬉しい。

出発前、現地についてから、スタート前、そして走っている最中(日本なら深夜)にもずっと気に掛けてメールをくれたり、faxをくれたり、ネットの情報をみながら応援し続けてくれていた友人たちの気持ちもとっても嬉しかったし、その文章の一つ一つを思い浮かべながら、幸せだな~と思っていた。

楽しかったというのとはちょっと違う、とっても嬉しくて幸せな気持ちだったと思う。
32Kmくらいまではあっという間だった。少しコースの変わったブロンクスに入ってから文字通り歯を食いしばった。苦しかったけど、痛くないしツラクはなかった。

最後はもう必死で・・・ゴールをしたときにはホントにほっとした。
あ~今年もちゃんとゴールできた!!よかったー!
写真に写った顔もほっとしていた(笑)

苦しくて少し前屈姿勢で呼吸を整えていたら、すぐにスタッフに「Are you OK?」と心配されたけど、大丈夫、大丈夫だよ!と返事をして顔をあげて深呼吸。たぶん放心状態で歩いていたんだろう、メダルを配布しているボランティアスタッフは大勢が押し寄せるので、手渡しをしていたけれど、なぜか私にはちゃんと首から掛けてくれた。とびきりの笑顔で「Congratulations !」と。
20091102045130.jpg

メダルを掛けてもらって、メダルを手のひらにおいてみたら、また泣けていた。4年連続でここで泣いてるよー。ホントによかった。苦しかったけど、走れてよかった。嬉しい。
メダルを見ながら涙が止まらない私をみて、顔を覗き込んで「大丈夫?おめでとう!」といってくれた超イケメンのスタッフ(笑)。思わず抱きつきそうになる衝動を抑えて、うんうん、ありがとう!と返事をするとハイファイブばりに両手を合わせてくれて、肩をポンポンとたたいてくれた。
あ~~、幸せ♪
20091108221632.jpg

2009年は4時間18分31秒(これが正式タイムらしい・・)。2008年の4時間19分ちょうどから29秒短縮のパーソナルベスト。

調子がいいときばかりじゃない、こんなときもあるさ。
でもやっぱりNYが好き。ピカチュウを着てフレンドシップランを走る!が私の走り始めたきっかけだけど、あれから5年、さぼったり、頑張ったりしながら走り続けてフルマラソンも5回走った。
フルマラソンは年に1回で十分。体に悪いし(笑)。

でもまた走るなら、やっぱりNYがいい。

もう始まった2010のエントリー。今年の感謝と苦しかった2009年を乗り越えて、エントリーをした。
また頑張れるかな?今はまだわからないけど。

とにかく、すべての人に・・
どうもありがとう!!

20091108222802.jpg


category: 2009

tb: 0   cm: 8

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。