凛・華・麗・美・優 ホーム »オペラ
カテゴリー「オペラ」の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

バイエリッシユオペラフェスティバル [Die Meistersinger von Nürnberg]  


ものは試しと先行抽選に申し込んでおいたらまさかの当選!
当初ほぼ行くつもりはなかったけれど、このタイミングで行くとバイロイトとかザルツブルクとか一度入ってみたい夏の音楽祭にいくこともできるし、指揮者が今や一番話題のペトレンコとなれば、超前向きに検討です。

で、行ってきました。
オペラフェスティバルの最終日、シーズン最終日は華やかで煌びやかで全力の舞台でした。

あたった席はこのあたり。舞台が上手1/3ほど観きれるのとオケの音がダイレクトに上がってくるので声とのブレンドはイマイチで、フルブラストだと消える人も、、、。それでもどの劇場でもこのあたりを好むので抽選にしては上出来です。
ペトレンコ率いるオケ初体験、エネルギー溢れるイキイキした音で、舞台が見切れて見えない分まで補って余りある語りがあって素晴らしかったです。細かく指示する指揮ぶりもその棒の先に確固たる信念を感じました。ただ大ぶりなだけじゃないな、と。
わりとあっさり、ためてためて揺らすのではなく淡々としてるけど統率されいる。

演出は前半はそうでもなかったけれど幕切れは暴力的で救いが無いと感じるもので、個人的には衝撃的。
聞くところによるとマイスターたちは過去この劇場で歌ってきた往年のスター達だったらしく、見た目は爺さんが多かったけど歌はやはり素晴らしく貫禄十分。
ザックスやベックメッサーのキャラ設定は正直???だし、ぎょっとしたけど、歌いっぷりや演じっぷりは素晴らしくてブラボー。
逆にキャラは面白かったけどお疲れ気味に見えて聞こえたのはヨナス。
終わって思い出そうとすると声の印象がまるでないです、、、。私の席では完全に消えてました。。カーテンコールでもヘトヘトぶり、、、。


何度も何度も、オケや客がほぼいなくなっても拍手が聞こえる限り登場していたみなさん、日本だけじゃないんだなぁこの光景。
シーズン最後のカテコ、全力でお疲れさまでした。

ちなみに、ずっしり重いプログラムは7Euro、キャスト表(バイオつき)は1Euro、キャスト表のみは無料でした。
この劇場は建物も、前の広場も中のシャンデリアもすべてが気分の上がる設計。
やっぱりこういう劇場でオペラみたいわ~

■Die Meistersinger von Nürnberg/Bayerische Staatsoper
2016.7.31 17:00-
Musikalische Leitung Kirill Petrenko
Inszenierung David Bösch
Bühne Patrick Bannwart
Kostüme Meentje Nielsen
Video Falko Herold
Licht Michael Bauer
Dramaturgie Rainer Karlitschek
Chöre Sören Eckhoff
Hans Sachs Wolfgang Koch
Veit Pogner Christof Fischesser
Kunz Vogelgesang Kevin Conners
Konrad Nachtigall Christian Rieger
Sixtus Beckmesser Martin Gantner
Fritz Kothner Eike Wilm Schulte
Balthasar Zorn Ulrich Reß
Ulrich Eißlinger Stefan Heibach
Augustin Moser Thorsten Scharnke
Hermann Ortel Friedemann Röhlig
Hans Schwarz Peter Lobert
Hans Foltz Dennis Wilgenhof
Walther von StolzingJ onas Kaufmann
David Benjamin Bruns
Eva Sara Jakubiak
Magdalene Okka von der Damerau
Nachtwächter Tareq Nazmi
Bayerisches Staatsorchester
Chorus of the Bayerische Staatsoper
1 Rang recht Reihe1

category: オペラ

tb: --   cm: 0

バイエリッシユオペラフェスティバル [Un ballo in maschera]  


到着日の観劇。
間に合うのか、間に合わないのかヒヤヒヤしつつ席に着いたら19:00。間に合ったーヽ(;▽;)ノ。
建物、入り口、内部、、どこも煌びやかで気分が上がります!
オペラはこういう劇場できた聴きたいと思わずにいられません。

完売だったチケットが数日前からチョロチョロ戻り、遅れてもストレス少なそうな端の席をポチ。平土間の上手端(一番端ではない)は舞台がやや見切れ、上階が被るこんな視界でした。
音も当然?篭り、さらに高音部がややカットされるような聴こえ方でしたが仕方なしです。
一度聞いてみたかったハルテロスとベチャワの仮面舞踏会。
どこを切り取っても品があってステキだったハルテロス、中音から高音部がとても美しくて情感たっぷり、最高音はややフラット気味でしたが聴き惚れました。逆に中低音域になるとやや鼻にかかり潰れた聴こえ方になるのでそこは今ひとつ好みの声じゃないな、とも思いました。
ベチャワは、、、終始不安定で、クラックしたりかすれたり、、拍手控えたくなるような出来。
演出はある程度覚悟の上、というより逆にどんなトラッシュな演出かと興味を持っていったけれど視覚的にぎょっとするようなことはなく、天井にベッドが張りつくなどあれど割とシンプルで美しい。螺旋階段も効果的だった。と私にはちょうどいいものの、やや新国立的ともいえ、ドイツ人には退屈なのかもしれないとも思いました。
地元の大スター、今シーズン最後の出演に大喝采、海外公演では珍しく何度も何度もカーテンコールがあり、特にハルテロスには大きな拍手がありスターぶりを見せつけられました。
他の作品と合わせて連日の猛暑歌っているオスカルなども含め華やかに幕を閉じました。

地下のフードコート。
幕間には着飾った紳士淑女たちが飲んだり食べたり。これで10.5ユーロでした。
館内は冷房はなく、外の暑さも伴ってノースリーブワンピースでも汗だく。字幕は舞台上部にありました。
ドイツ語圏で聞くイタリアオペラ。
ドイツで聞いてる感満載で、それはその地で聞いてるのだから当然で、、これがいいのかもね、と思ったり。
初バイエリッシユオペラ、堪能。

終演後。


■Un ballo in maschera
Bayerische Staatsoper
2016.7.30 19:00-21:30

Musikalische LeitungDaniele Callegari
InszenierungJohannes Erath
BühneHeike Scheele
KostümeGesine Völlm VideoLea
Heutelbeck LichtJoachim Klein
DramaturgieMalte Krasting
ChorSören Eckhoff

RiccardoPiotr Beczala
RenatoFranco Vassallo
AmeliaAnja Harteros
UlricaOkka von der Damerau
OscarSofia Fomina

Bayerisches Staatsorchester
Chorus of the Bayerische Staatsoper

Parkett re. (Türe 3), Row: 14

category: オペラ

tb: --   cm: 0

新国立劇場オペラ [ローエングリン-3]  

行くつもりは無かったけれど、フォークトのローエングリンは聞き納めかもしれない、と思い、チケットを譲り受け行ってしまいました。
イライラさせられるオケは最後まで感心しなかったけれど、堪能しました。

それにしても、今回2階、3階、4階のセンターで聞いたけれど、一番バランスよくて音や声の聞こえ方が好みだったのは4階という、、何とも安上がりな私の耳でした💦。

■新国立劇場オペラ ローエングリン
2016.6.4 14:00-18:55(休憩2回)

指揮:飯守泰次郎
演出:マティアス・フォン・シュテークマン
美術・光ディア造形・
衣裳:ロザリエ
照明:グイド・ペツォルト
舞台監督:大澤 裕
ハインリヒ国王:アンドレアス・バウアー
ローエングリン:クラウス・フロリアン・フォークト
エルザ・フォン・ブラバント:マヌエラ・ウール
フリードリヒ・フォン・テルラムント:ユルゲン・リン
オルトルート:ペトラ・ラング
王の伝令:萩原 潤
ブラバントの貴族Ⅰ:望月哲也 ブラバントの貴族Ⅱ:秋谷直之
ブラバントの貴族Ⅲ:小森輝彦
ブラバントの貴族Ⅳ:妻屋秀和
合唱指揮:三澤洋史
合唱:新国立劇場合唱団
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
芸術監督:飯守泰次郎

C席 4F2列センター

category: オペラ

tb: --   cm: 0

新国立劇場オペラ [ローエングリン-2]   



ソロの素晴らしさは言うに及ばず、、今日は1幕最後と2幕終盤のアンサンブルの上手さにシビレました。声を溶け込ませて主張しないのにキチンと言葉が届くのは素晴らしいです。ベタ褒め、フォクート様ヽ(;▽;)ノ
1幕1番感動したのは実は最後の5重唱で、アンサンブル壊さず溶け込みながらはっきり歌詞が聞き取れる凛とした声のフォークト様でした

フォークトがあまりに正確なピッチで歌うので、エルザの緩さがとても気になる。可愛いけど
あえてパンダとかく🐼は初日の大崩壊を考えたらややマシとはいえ、ややマシでいいのか(~_~;)。あそこから本当に大好きなので、そこでワクワクさせない演奏にはパンダを黒く塗りつぶしたくなるくらい不満( *`ω´)
それにしても少し鼻声残りつつ初日に増して柔らかく甘い大人の問いかけに私も目眩がするほどうっとり聴き惚れました。エルザみたいに抱きしめられて歌われたら、あの声はどんな風に聞こえるのかしら、、身体への響き方はどんなかしら、、、、ということを腐女子的思考ではなく、単純な興味で考えるくらい、独特な声の魅力。

今日の私の席は圧倒的に女性だらけでまるで女性専用車のようなブロック。すぐ後ろのお母様達はおしゃべりしたりゴソゴソしてたけど、終幕のフォークトの語りにうっとりしすぎたか、緊張したか、静かにしたいのに、音をたてるつもりは無いけれど、興奮して無意識に身体が反応したようで椅子蹴るわ、荷物蹴ってガサゴソするわww。息しててよかったわww

という破壊力でした。


今日はアメックスで支払った特典のドリンク券で珍しくローランペリエ飲んじゃいました( ´͈ ᗨ `͈ )◞♡⃛。1500円以内のドリンクが飲めます。シャケおにぎり(自費w)と共に、、。


■新国立劇場オペラ ローエングリン
2016.5.29 14:00-18:55(休憩2回 )
指揮:飯守泰次郎
演出:マティアス・フォン・シュテークマン
美術・光メディア造形・
衣裳:ロザリエ
照明:グイド・ペツォルト
舞台監督:大澤 裕
ハインリヒ国王:アンドレアス・バウアー
ローエングリン:クラウス・フロリアン・フォークト
エルザ・フォン・ブラバント:マヌエラ・ウール
フリードリヒ・フォン・テルラムント:ユルゲン・リン
オルトルート:ペトラ・ラング
王の伝令:萩原 潤
ブラバントの貴族Ⅰ:望月哲也 ブラバントの貴族Ⅱ:秋谷直之
ブラバントの貴族Ⅲ:小森輝彦
ブラバントの貴族Ⅳ:妻屋秀和
合唱指揮:三澤洋史
合唱:新国立劇場合唱団
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
芸術監督:飯守泰次郎

C席 3F1列センター

category: オペラ

tb: --   cm: 0

新国立劇場オペラ [ローエングリン]  


4年ぶりに舞い戻ってきてくれた白鳥の騎士、フォークト様。
色々な不安や懸念事項はあるもののw、やはり聴きに行かねばなりません。待ちきれなくて平日自主フレックスで参戦です。
長いオペラよね、、と思っていたけど、改めて見ると65分休憩40分85分休憩40分65分、、正味3時間半で80分休憩って楽勝じゃないか?案外短いのね、、というくらいには慣れてきました(笑)。
到着して、入口でチラシもらったら1番上に!!!

2017年秋のバイエルン国立歌劇場来日公演は、キリルペトレンコ率いるタンホイザーですってよ!しかもタイトルロールはフォークト!!
ちょ、、、キャラが違うような気がするけど、楽しみじゃないのお、、😝。来年ね。
あ、来年秋にはワンピース再演が、、、(かぶりませんように)。

4年前より声も体も太く逞しくなったフォークトは、柔らかいのに澄んだ声で劇場の空気にハリと輪かくを与えて、レーザービームのごとく声のラインが見えるような歌い方から、大人の男の逞しさの中に清廉さと高貴さをら保ち続け、感情の深い頼もしい騎士でした。
ドイツ語の美しさに聞き惚れ、上から下まで全くぶれないピッチと甘さ、少しスモーキーさがね混じって陰影もある。どこか得体の知れない謎の騎士、ゴンドラに乗って白い衣装がこれほど似合う人は(オペラ歌手では)彼以外にはいないでしょう。本当にぴったり。
少し風邪??らしかったけど、それでもこれほどまで素晴らしい状態で1番の当たり役をここ日本で聴けるなんて、、本当に本当に嬉しい。
フォークト以外には思い切りぶつくさ言いたいけど、素晴らしかったです♡
 (以下写真は新国立劇場ホームページより)

もう何なの??…(ㆆ_ㆆ)と登場を待ちわびたところへこんなゴンドラにのってユラユラと降り立ちます。
後ろ向きで登場し正面を向く動作の途中で、、!(◎_◎;)。
フォークトさま、、は、腹が、、、!(◎_◎;)
どどどどーしたんですか、、。よく見るとーアゴも首と二重三重、、、!(◎_◎;)
お衣装がぱつんぱつんですが、、。

いいいんですけどね。素敵だし、イッヒリーベディッヒ💘のスイートさも、え~るざ💘のスイートさも健在ですから、メタボでも首太くもいいんです❤。

フォークトの次に期待していたオルトルートのペトララング。そこにいるだけでおっかない、、歌わなくてもずっと演技していてその存在感に圧倒されました。ど迫力で歌ってましたが、思っていたより声が弱く感じて期待とはやや違いました。
エルザの凛とした硬質な声で、可愛らしいので、どこか夢見る少女的雰囲気があって良かったんですが、なんせピッチがゆるくて声のコントールが出来たり出来なかったり。フォークトがかなりしっかり演じていたので、もう少し頑張らないと2人にはココロが通い合わない雰囲気でした。通い合わないままでもいいのかな。

テルラムントは出てきた瞬間から戦えそうもないほど息切れ、、マスゲームのように無機質に動く声のそろった合唱も、揃ってるけど、動くとなんだかもっさりしてしまうし、イマイチ迫力不足。
何より期待値を相当低くしていったのにオケのヌルさが😨。
細かく丁寧に指示を出してたマエストロ、、細かすぎでつていけていないのか?
オケを信頼してないからそうなるのか、思いが強すぎて細かいのか、、どちらにしても音楽が歌唱もドラマも助けていない感じです。冒頭の前奏曲から乾ききった弦と弾けていない弦の美しくない音に、期待してないけどやっぱりそうよね、、の残念感。
きわめつけは3幕のバンダ。
あれは全員即シケイだ
やっちゃいました、、のレベルじゃなくて事故。
私は、あそこからグラール語りが大好きなのにー、と怒りながら呆れて笑っちゃった。

もう一つは、とくにワーグナーに見られる小難しい字幕。
字幕は初心者のためにあると思っているので。
ワグネリアンや言葉にこだわりのあるオタは字幕なくても理解してるから(まあ、字幕表現に文句を言う人はだいたい理解してるワグネリアンでしょうけど汗)、、そういう人は無視して、ストーリーや歌詞をわかりやすく、作って欲しいです。細部や文法にこだわりすぎて何が言いたいのかわからん翻訳文みたいだし、長くて読みにくいです。

ブツブツぶついっても、やっぱりオペラ好きだな❤
と改めて思ったのでした😁。
もう一回行きます〜

■新国立劇場オペラ ローエングリン
2016.5.23  17:00-21:55(休憩2回0 )
指揮:飯守泰次郎
演出:マティアス・フォン・シュテークマン
美術・光メディア造形・
衣裳:ロザリエ
照明:グイド・ペツォルト
舞台監督:大澤 裕
ハインリヒ国王:アンドレアス・バウアー
ローエングリン:クラウス・フロリアン・フォークト
エルザ・フォン・ブラバント:マヌエラ・ウール
フリードリヒ・フォン・テルラムント:ユルゲン・リン
オルトルート:ペトラ・ラング
王の伝令:萩原 潤
ブラバントの貴族Ⅰ:望月哲也 ブラバントの貴族Ⅱ:秋谷直之
ブラバントの貴族Ⅲ:小森輝彦
ブラバントの貴族Ⅳ:妻屋秀和
合唱指揮:三澤洋史
合唱:新国立劇場合唱団
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
芸術監督:飯守泰次郎
A席 2F3列センター

category: オペラ

tb: --   cm: --

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。