凛・華・麗・美・優 ホーム »ballet
カテゴリー「ballet」の記事一覧

新国立劇場バレエ [ドン・キホーテ]  


唯ちゃんキトリ、すんばらしかったですヽ(;▽;)ノ。
思わずブラーヴァって声出ちゃったわ。

どんなにバレエは女性ダンサーを輝かせるもの(特に古典)だとしても、どれほどステキに踊ってもどれほど美しくても、基本は王子(男性ダンサー)に注目しているので、あまり目に入りません💦。この日も当然井澤君目当てでチケットを買い、サポート大丈夫かしら、、とハラハラしながら始まったのだけど、努力の甲斐あってか、見せ場はなんとかやっつけ、安全運転とはいえ、非常に美しい井澤君を追っていました。
が!!!
いやー軽く興奮状態、、。唯ちゃんが本当に素晴らしくて今まで見た唯ちゃんの中で一番好き!
これまでも色々観てきたけど、どれほど素敵に完璧に踊っても何かしっくりこない感じだったのが、今回のキトリは、ちょっと勝ち気でおきゃんで、コケティッシュ、年下のバジルをからかいつつも温かい姉さん的愛情を見せてて可愛らしい。ややぼーーっとしつつ甘えん坊な末っ子キャラのバジルと相性も抜群。

これほど技のデパートで涼しい顔して踊る唯ちゃんに、ABTのような多国籍団に送り出したいし、素敵なダンサーが日本にもいるでしょ?と自慢したい。
コルネホ君と踊ったらもっともっと魅力爆発しそうだわ✧(°∀°)

井澤君も頑張ったヽ(;▽;)ノ。
片手リフト以外はそんなにハラハラもせず。でももっとハジけてドヤっていいと思う。
舞台に登場した瞬間に華やかで温かい雰囲気を作れるうえに、手足の長さとスマートな姿は努力で作れるものではないのだからそろそろ自信もって舞台に立って欲しいもの。
本番の回数が圧倒的に少ないので気の毒だけど、、、これがもし、5月はドンキと白鳥交互に10回ずつね!となれば、あっという間にすてきなダンサーになると思う。

唯センパイは勝手に回って飛んで立てるから安心して弾けてw。殻やぶるのにもう一息、ガンバレー。

これ、ドンキホーテというタイトルだけど、ドンキホーテの役割は??ほとんど印象に残ってません💦、残ってるのはエスパーダw

でもこの版、最後がツマンナイわ…(ㆆ_ㆆ)



■新国立バレエ「ドン・キホーテ」
2016.5.3 14:00

キトリ(ドゥルシネア) 米沢 唯
バジル 井澤 駿
ドン・キホーテ 貝川鐵夫
サンチョ・パンサ 髙橋一輝
エスパーダ マイレン・トレウバエフ
メルセデス 本島美和

新国立劇場バレエ団 The National Ballet of Japan
指揮:マーティン・イェーツ

S席 1F10列センター

category: ballet

tb: 0   cm: 0

ハンブルクバレエ団来日公演 [真夏の夜の夢]  



無事当日券で観られました( ´͈ ᗨ `͈ )◞♡⃛。
いやー面白かった!オモチャ箱をひっくり返したような楽しさと音楽の使い方の素晴らしさ、目をパチクリしたくなる程の長い手足といい感じに血肉を感じる肉体美にクラクラ(≧∇≦)。
古典の華やかさの時はメンデルスゾーンの音楽が、小芝居始めるような大道芸人風なところは、手回しオルガン、リゲティの音楽を使ったりっと、登場人物によって音楽を使いわけます。
全体的にはバラバラで、ドスンドスンと大きな音をたてて飛んだりはねたり、アンサンブルは揃ってないけれど、そこが人間的魅力を感じるのかな、と思ったり、妖精たちはもう少し軽やかだといいけれど、と思ったり。
初めて見るものはなんだか忙しい 笑。
midsummer002.png
(NBSホームページより)

登場人物が多くてあちこちで色んなことやってるので忙しかったけど、キャラに合わせた音楽が秀逸で、リゲティのミステリアスなことよ。途中ファニーガラ的トラヴィアータもあって盛りだくさん。バレエというよりもっとアクロバティックで雑技団っぽい動きだけどしなやかさと色気があったわ。

男性がバリバリ踊るのもいいw。ぱつんぱつんのボディスーツみたいなのは最初、はりゃ、はだか祭りですかψ(`∇´)ψみたいな驚き。ああいう衣装はあのくらいスタイルのいいダンサーでないと見るのがツラいはず。
幕開き登場した瞬間に、わ、大きい!舞台が狭く感じると思ったもの。
midsummer001.png
(NBSホームページより)

これまでノイマイヤー作品で全幕みたのは椿姫のみ、昨年のガラでいくつか切り取り場面をみたけれど、難解すぎてよくわからず、、。椿姫は素敵な作品だけど、やっぱり動きが忙しなくて、鬼リフトの連続で振り回し過ぎなのでストーリーに心を寄せたい私にはその隙間がなくて残念な気がしてしまうのです。
これは、え??何??と思ってるうちに色んなことが平行して起こりコメディっぽくもあり楽しくわさわさ終わるので、まあいいか、、と思えてしまいました。

タイプやアプローチは違うけど、テイスト的にはマシューボーンに通じるものも感じたけど、親しみやすさではマシューさん、身体能力要するのはノイマイヤーさんってところでしょうか。

しかし、バレエのオケはどこもかしこも😞。あの有名なメンデルスゾーンをあんなにお粗末に演奏しちゃいかんが…=͟͟͞͞( ¯−︎¯ )

■ジョン・ノイマイヤー「京都賞」受賞記念
ハンブルク・バレエ団2016年日本公演
「真夏の夜の夢」
ウィリアム・シェイクスピアの原作に基づく、
ジョン・ノイマイヤーによるバレエ
2016.3.11 18:30-
東京文化会館

◆主な配役◆

ヒッポリタ/タイターニア:エレーヌ・ブシェ
ヘレナ:シルヴィア・アッツォーニ
ハーミア:フロレンシア・チネラート
デミトリアス(士官):アレクサンドル・リアブコ
ライサンダー(庭師):エドウィン・レヴァツォフ
シーシアス(アテネの大公)/オベロン:ウラジーミル・ヤロシェンコ(ゲスト・ダンサー)
パック:アレクサンドル・トルーシュ
指揮:ギャレット・キースト
演奏:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団


◆上演時間◆
第1幕 18:30~20:00
【休憩 25分
第2幕 20:25~21:20

当日券 1階L11列

category: ballet

tb: 0   cm: 0

新国立劇場バレエ [ラ・シルフィード-2]  


2回目。
千秋楽だから?なんだかお疲れ模様のオケと男祭り。
楽器のお掃除できてないのかしら?と思う程のホルンに軽く頭痛を覚えながら観ていました(^_^;)。

主役のお二人がさすがの上手さと安定感。素晴らしい雰囲気とかわいらしさと美しい舞。お見事!!!

なんですがそれが面白くなくて、こんなに短いのにスイマーに襲われそうになったところで休憩💦。

そもそも婚約者がいるのに夢に観た妖精が見えたから、、とフワフワついてくようには見えなかったし、最初から婚約者に愛情を感じなかった。全体にしっかり、正面から、きちんとしていた。最後は心臓発作的w。

上手く踊れるから感動するとは限らず、美しいから感動するとも限らず、全体の雰囲気と役作りとキャラと組み合わせと,,,,,
先日観た若いダンサー組のほうが、全体にテクニックはやや弱かもしれないけれど、コールドに至るまで醸し出す雰囲気が見事にストーリー展開にあっていて、若さゆえのあんぽんたんぶり(!)と、透明感、危うさのようなものが、まさにファンタジー、ちょっとレトロなロマンティックバレエでとても良かったのです。
生の舞台ってそういうことなんだよな~。

と、つらつらと考えつつ、すでに次の次の次くらいの楽しみを見つけて飛んで行きました~♪

■新国立バレエ
≪Men Y Men≫
音楽 セルゲイ・ラフマニノフ
編曲 ギャヴィン・サザーランド
振付 ウエイン・イーグリング

マイレン・トレウバエフ、貝川鐵夫、福田圭吾、
輪島拓也、小口邦明、小柴富久修、原 健太、
髙橋一輝、渡部義紀
(15分)(25分休憩)

≪ラ・シルフィード≫
音楽 ヘルマン・ルーヴェンシュキョル
振付 オーギュスト・ブルノンヴィル
演出 大原永子

シルフィード/小野絢子
ジェームス/福岡雄大
グァーン/木下嘉人
エフィ/堀口 純
マッジ/本島美和

1幕35分(20分) 2幕35分
指揮 ギャヴィン・サザーランド
管弦楽 東京交響楽団

1階19列

category: ballet

tb: 0   cm: 0

新国立バレエ [Men Y Men /ラ・シルフィード]  

楽しかったね。
カーテンコールの時、充実感に溢れた笑顔をようやく見られたわ、井澤君。
今回は、苦手な上に恐る恐るセンパイを持ち上げる必要ないし、轆轤まわしもなし。
若さと今時王子の本領発揮、一途でふわふわしたわかりやすく役作り。
出演者全員が(たぶん)若い人たちなので、全体のテイストや向いてる方向が似ていて、ファンタジーそのもの。
牧歌的でほのぼの。
婚約者もライバルも分かりやすくて、なんか子供向けバレエのような安心感w。
目を見張るようなテクニックの嵐のようなものはなかったけど、これはこれで完成形でしょう。

エフィちゃん大好きだよ〜❤。あれ、妖精が!気になる👉かわいい👉好きかも〜❤
大勢妖精がいるけど、ボクの妖精ちゃんどこ?あ、いた❤
スカーフあげるよ、、、あれ、、え、、、しんじゃったよ、、、えーーー(号泣)
ショック死(突然死)www。

直球ストレート。バレエ王子特有のあんぽんたん系だけど、楽しかったからいいやw。
ほんとに突然倒れたもの。
見終わって楽しかったねー!で満足♪

それより、最初のMen Y Menですよ。
男祭り!と楽しみにしていたんですが、幕が上がった途端!!!
暗っ。細っっ。

ラフマニノフの音楽が叙情的に流れているのに、目に見えるのはなんだか組み体操風。
暗くて個人が分からないけれど、薄すぎて色気ゼロ。
型が染み付いたみなさんの動きに美しさはあるけれど、いかんせん精一杯で、詩的に演じるには無理が、、。
それにたった15分で終了っていくらなんでも短すぎるわ。なのに休憩25分。
せめてもう一組も同時にやっても良かったんじゃないかな〜。
さらなる優雅さを期待して。



■新国立バレエ

≪Men Y Men≫
音楽 セルゲイ・ラフマニノフ
編曲 ギャヴィン・サザーランド
振付 ウエイン・イーグリング

マイレン・トレウバエフ、貝川鐵夫、福田圭吾、
輪島拓也、小口邦明、小柴富久修、原 健太、
髙橋一輝、渡部義紀
(15分)(25分休憩)
≪ラ・シルフィード≫
音楽 ヘルマン・ルーヴェンシュキョル
振付 オーギュスト・ブルノンヴィル
演出 大原永子

シルフィード細田千晶
ジェームス井澤 駿
グァーン木下嘉人
エフィ堀口 純
マッジ本島美和
1幕35分(20分) 2幕35分

指揮 ギャヴィン・サザーランド
管弦楽 東京交響楽団

1階5列センター

category: ballet

tb: 0   cm: 0

ミハイロフスキー劇場バレエ来日公演 [白鳥の湖]  


ミハイロフスキー白鳥。

色々な玉突きで、今年全幕の主役はこれのみ。フォーラムのAでバレエを観るなんてとんでもないので、地元横浜での公演1本勝負になりました。
1年ぶりのレベデフは大人の階段を順調にのぼっていて、家柄の良さを感じさせつつも、今時の王子で、人目につかなそうなところは、だら~と緩んだ表情ややんちゃな様子を見せたり、花嫁候補の踊りに目もくれずしゃべっていたり、ママの目のないところでは、テヘペロ的な表情みせたりと、笑顔の無駄遣い、ぼっちゃんだった去年に比べると格段に表情が豊かになり物語を演じるゆとりがありました。週に3、4回ずつ踊り続けていれば、舞台勘もよくなるし、プレゼンスも良くなる。何年もあけなくてもたった1年でもこんな成長をみられるのね~、と引き続きハハ目線で、とてもとても楽しませてもらいました。
エレガントで脚の伸びの美しさは相変わらず素晴らしく、天性の王子ぶりで、その場をキラキラと輝かせる魅力は一段とアップ☆。

1幕で白鳥を頭上高く3回連続で持ち上げるのは、白鳥がやや重そうなので、さすがに、「おりゃ~、重いよ~、あと2回、あと1回、とりゃ~」の声が聞こえそうだったしw、口が乾くのか、モゴモゴしてたりもあったけど、2日連続の王子踊ればそういうこともあるでしょう。女性を輝かせる、プリマ様オーラをさらに出させるという役割より、僕も観てよ!僕も頑張ってるから!のアピールがさりげなくなく、でもドヤることなく天然にやるので、このあたりが今後どんな風に変化するのかは楽しみでもあります。

白鳥のヴォロンツォーワは、かわいい。
けど、白鳥っぽくはなく、細いけどあんまり手足が長くないので(全体比)とても人間ぽい。体温を感じるし、色気がある。そこが先月みたロパートキナや他のロシアンダンサーとはやや違うけれど、いまどきの王子レベデフやこのカンパニーには合っているように思えました。
いまどきの鳥ってこんな?と思うほど(笑)。
でも、レベデフと踊るならもう少し絞ってくださいませ、怪我するといけないので(^_^;)。

そしてコールドの皆さんは、全体に脚細、脚長さんのプロポーションの良い人たちが多くなって、去年より格段に色彩や豊かな舞台になっていて、また来年!がとても楽しみになりました。
・・・と去年のキャストをみたら、あまり変わっていなかった、、、。ってことは、良いセンセイがついたのか、少し入れ替わったダンサーが美しいのか。。

オケはバレエの盛り上げ方がとても上手い上に指揮者が本当にダンサーをよく見ていて、呼吸を感じながら音楽を作っているのがよくわかる。だから少し危うくなるとちゃんとフォローしてくれて、安心して踊っているような気がする。これが座つきのオケがある効果、年間の公演数の多さがこういう関係を作るんだろうと思う。いいなぁ。
王子たちもほとんど2.3人で6つ位の演目を年間で踊りまくってるので、そりゃ上手くなるし舞台勘が良くなるのは当然。

タイツバレエはやはりこういう人に履いて欲しい。が、新春バレエ祭りはローレンシアの初笑いから大人の美とすくすくと成長する若者を愛でる楽しい時間で締めくくり、幕開けとしては楽しかったわ💞

■ミハイロフスキーバレエ来日公演 白鳥の湖
2016.1.11 15:00
神奈川県民ホール

オデット/オディール アンジェリーナ・ヴォロンツォーワ
ジークフリート王子 ヴィクトル・レベデフ
悪魔ロットバルト/ ミハイル・ヴェンシコフ
道化 /デニス・トルマチョフ
王妃 /ズヴェズダナ・マルチナ
家庭教師/ ロマン・ペトゥホフ
パ・ド・トロワ/タチアナ・ミリツェワ ワレーリア・ザパスニコワ ニキータ・ナザロフ

指揮:ヴァレンティン・ボグダーノフ
管弦楽:ミハイロフスキー劇場管弦楽団

1F7列センター(6列が最前列)

category: ballet

tag: バレエ  ミハイロフスキー 
tb: 0   cm: 0

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop